【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ自宅療養者−食料支援に多数の申し込み

本紙掲載日:2022-08-04
1面
自宅療養者への食料を袋詰めする職員

職員、準備に追われる−延岡市

 延岡市が新型コロナウイルス感染症の自宅療養者を対象にきのう開始した食料支援の申し込みが、けさまでに50件近くに上り、職員が準備・配達作業に追われている。

 対象は――〇堝發傍鐔鮫⊃祁織灰蹈粉鏡症と診断されて保健所からの指示で自宅療養期間中8の支援物資を申請済みた涜欧覆匹らの支援を受けるのが困難――の条件を全て満たす療養者のみ。

 県による食料支援の遅れを補うのが目的で、当面は1日分として1人につきパックご飯3個セット、レトルト丼2個、レトルトカレーとカップ麺各1個を市の負担で提供。従来から乳児がいる世帯へ支援していたミルクなども併せて詰め込む。

 市は自宅療養者の情報を持たないため、希望者は市役所に電話で申し込むこと。原則、翌日に支援品が届くが、対面を避けるため、あらかじめ市側から連絡して玄関前などに置く形とする。

 市役所の担当課には4日も受け付け開始時間から次々と申し込みや問い合わせの電話が寄せられ、職員総出で慌ただしく対応。陽性と診断された家族の人数や、県の支援物資の遅滞状況などの確認に追われていた。

◇平日の電話 =延岡22・7066
◇土日曜と祝日=延岡20・7105

 申し込みは平日が延岡市地域医療政策課(電話延岡22・7066、午前8時30分〜午後5時15分)、土日曜・祝日は市なんでも総合相談センター(電話延岡20・7105、午前9時〜午後4時)。

その他の記事/過去の記事
page-top