【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

生活の中にある美(4)−県北の土木構造物

本紙掲載日:2021-02-22
7面

石工の技を今に伝える

◆本谷昭和橋(日向市)、久兵衛橋(高千穂町)

 本谷(ほんたに)昭和橋は、日向市富高の富高川に架かる3連アーチの石橋。門川町出身の石工・小山宇太郎氏が設計、施工。1927(昭和2)年に完成した。87年に市の有形文化財に指定された。

 かつて人々の生活と物流を支えた石橋は、自動車が普及したことでほとんどがその役目を終えた。使われなくなったものも多く、見掛ける機会も少ないが、本谷昭和橋は今なお現役で活躍している。

 この他、同市には有形文化財に指定された三つの石橋がある。東郷町坪谷の坪谷本村(ほんむら)眼鏡橋と同町山陰の野々崎眼鏡橋、同町下三ケ(しもさんげ)の瀬戸眼鏡橋だ。この3橋は1連アーチとなっている。

          ▽           ▽

 高千穂町の久兵衛(きゅうべえ)橋は、県内唯一、江戸期に造られた1連アーチの石橋。完成したのは1863(文久3)年。橋長約21メートル。地元住民は「久兵衛さんという人が造ったから」と、名前の由来を話す。

 町立上野小中学校の前を流れる上野川にまたがる。1909(明治42)年に一部改築された。町教育委員会によると、肥後(現熊本県)の石工の技と考えられるという。

その他の記事/過去の記事
page-top