【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

注目集める舞台「神舞の庭」

本紙掲載日:2020-10-28
7面
満席の来場者を感動させた演劇「神舞の庭」の宮崎公演(提供写真)

31日から延岡公演、2日目のみ残席

 宮崎の山間部のある集落で暮らす家族を描いた舞台「神舞の庭」は23日、宮崎市のメディキット県民文化センターで幕を開けた。25日までの3日間はすべて満席と高い注目を集めた作品は、観客それぞれにさまざまなメッセージを与えた。延岡公演は31日と11月1日に延岡総合文化センター小ホールである。

 神舞の庭は、宮崎を舞台に〃今を生きる〃人々の暮らしから日本の今を見詰める同劇場の演劇シリーズ「新かぼちゃといもがら物語」の第5弾。

 日本を代表する劇作家の長田育恵さんが書き上げた脚本は、宮崎の山間部で神楽を受け継いできた家族と、東京から突然戻ってきた夫婦の物語。それぞれの抱える悩みが、その土地の風習を盛り込みながら次第に明らかになっていく。

 舞台を中心に活躍する実力派俳優の大沢健さんや東風万智子さんに、宮崎ゆかりの役者らが加わり、同劇場演劇ディレクターの立山ひろみさんの演出で、限界集落とも呼ばれる田舎と都会の対立や葛藤などが、深く描き出されていく。

 宮崎公演はメディキット県民文化センターイベントホールが会場で、チケットは早々に完売。終演後に会場から出てきた観客の多くが目頭を押さえていた。

 以前高千穂に住んでいたという男性は「神楽はとても身近な存在で不思議な縁も感じ、まるで導かれるかのように見に来ました。壊れていく環境を守っていくことも大事なことで、地域や人を大事にして生きていかなければいけないなと強く感じました」と話していた。

 延岡公演の開演時間は両日とも午後2時から。チケットは一般3500円、25歳以下1500円、ペア割6000円。チケットは31日が完売、1日はまだ購入可能となっている。当日券が出る場合の一般券は500円増し。ペア割は前売り券のみ。問い合わせは延岡総合文化センター(電話延岡22・1855)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top