【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

土田さんの受賞祝う

本紙掲載日:2020-10-22
2面
祝賀会で思い出などを話した土田聡さん

夕刊デイリー明るい社会賞

◆障害者支援など長年の功績たたえる

 2020年度第47回夕刊デイリー明るい社会賞を受賞した土田聡さん(85)=延岡市伊達町=の祝賀会が9日、同市安賀多町の松乃寿しで開かれた。ゆかりのある人たちが集い、これまでの功績をたたえ、喜びを分かち合った。

 土田さんは、NPO法人「のべおか城昇会」の理事長として、就労継続支援B型の地域活動支援センター「大瀬作業所」の建設に尽力。また、地元の民生委員・児童委員、区長を務めるなど、障害者の自立支援、地域福祉の向上に力を注いできた。

 祝賀会は同賞の表彰式に合わせて開かれ、土田さんと妻のマチ子さん(85)は式終了後に会場に駆け付けた。2人が到着すると、待ちわびた関係者らは祝福の言葉で出迎えた。

 推薦者の一人、NPO法人のべおか城昇会の岡田秀一理事長が「(受賞は)長年にわたり陰徳を積んでこられた結果。作業所の建設、施設整備など基礎をつくっていただいた。奥さまの内助の功にも感謝したい」とあいさつ。松口月城の詩吟「松竹梅」を朗詠して祝いの席に花を添えた。

 土田さんは「受賞は夢にも思わなかった。地域の皆さんの代表として受けました。地域の協力なくして、施設の運営は成り立たない。本当に皆さんのおかげです」と感謝。同作業所の歴史や2010年に受けた全国表彰の思い出などを話し、出席者とともに懐かしんだ。

 この後、染矢釟郎副理事長の音頭で乾杯。記念品の贈呈などもあり、土田さん夫妻を中心に和やかな祝宴となった。

その他の記事/過去の記事
page-top