【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子ども食堂に新米−地域福祉と農業を支援

本紙掲載日:2020-10-21
2面
宮崎ひでじビールが、子どもネットワークのべおかを通じて地元を中心とした子ども食堂に新米を贈呈。最後列左から永野社長、亀長社長、右端が堀之内代表

宮崎ひでじビール、売り上げの一部で購入

 延岡市行縢町の宮崎ひでじビール(永野時彦社長)は、商品の売り上げの一部で同市北方産ヒノヒカリの新米300キロを購入し、子どもネットワークのべおか(堀之内健吾代表)を通じて地元を中心とした子ども食堂に贈った。その贈呈式が19日、市民協働まちづくりセンターで行われた。

 同社は地域福祉支援と地元農業支援を目的に、クラフトビール業界の全国キャンペーンの一環として、「こども食堂白ごはんチャリティー」を実施。限定醸造ビール「太陽のエール」を6〜8月に全国で2700本販売し、1本当たり消費者と同社から20円ずつの計40円で、同市北方町の「スローライフトゥ」(亀長浩蔵社長)が生産した新米を購入した。

 贈呈式で堀之内代表は「頂いたお米を困っている子どもたちに多く届けられるように、直接出向く『子ども宅食』の取り組みのきっかけにさせていただければ」と感謝。永野社長は「おいしいお米を食べて、勉強に、スポーツに、遊びにしっかり励み、コロナという暗い雰囲気を吹き飛ばしてほしい」と激励した。

 宮崎ひでじビールは、1996年6月創業。主力商品の「太陽のラガー」がインターナショナル・ビアカップのジャーマンピルスナー部門で金賞を受賞するなど、国内外で高く評価されている。太陽のエールは、太陽のラガーのレシピを変えて醸造した同チャリティー限定品として販売した。

 同社によると、今回贈った新米300キロは、約5千杯分の白ご飯になる量という。

その他の記事/過去の記事
page-top