【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小学生が環境学習−上組小

本紙掲載日:2020-07-20
7面
ごみを減らす取り組みを紙に書いて話し合う上組小の児童

自分にできること考える

◆「マイバッグを持っていく」

 今年度の環境教育推進校に指定されている五ケ瀬町の上組小学校(三橋正洋校長、15人)で17日、ごみ減量の取り組み「4R」について理解を深める授業があり、児童は自分ができるごみ減量の方法について考えた。

 県が推進する4Rは「Refuse(リフューズ=ごみになるものは断る)」「Reduce(リデュース=ごみを減らす)」「Reuse(リユース=繰り返し使う)」「Recycle(リサイクル=再生利用する)」の頭文字を取ったもの。

 この日は、県から委嘱を受けてリサイクルなど環境改善に取り組む同町の地球温暖化防止活動推進員4人が来校。推進員と児童は3班に分かれ、児童が夏休み中に取り組む4R活動について話し合い、発表した。

 児童が「店でレジ袋を断る」と言うと、推進員が「じゃあ、そのためにはどうすればいいかな」と質問。考えた児童が「エコバッグを持っていく」と発言するなど、推進員や教諭の問い掛けについて考えながら理解を深めていった。

 児童からは「工作を段ボールなどでする」「ノートは最後まで使う」「紙の皿など使い捨ての物は使わない」「水筒を使う」などのほか、新型コロナウイルス感染症拡大を反映して「いらなくなった服でマスクを作る」といった意見も出た。

 5年の森下陽和心さん(10)は「ごみを減らすにはいろいろな工夫があるんだなと思った。夏休みは家族と皆で服からマスクを作ることをしてみたい」と話した。

 今年度は、上組小や延岡市の岡富中学校など県内の小中高8校が「持続可能な宮崎づくりを実現する環境教育推進校」に指定されている。

その他の記事/過去の記事
page-top