【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第38回星遊会に550人

本紙掲載日:2019-09-16
6面

延岡西高同窓会

 県立延岡西高校の同窓会「第38回星遊会」は14日、延岡市紺屋町のエンシティホテル延岡で開かれ、卒業生や恩師ら約550人が訪れてにぎわった。今年は36回生が幹事を担当、メインテーマを「令和だヨ!全員集合」とした。

 オープニングでは幹事らの奮闘を映像で振り返った後、物故者に黙とうをささげた。首藤晃浩実行委員長は来場者に感謝を述べ、「思い出話や将来の夢の話をしていただき、皆さんが高校生に戻れるような星遊会にしてもらえれば」とあいさつ。

 野中玄雄同窓会長は、2007年に延岡東高校と統合されて閉校した母校の跡地で学んでいる県立延岡しろやま支援学校の生徒が、体育館の床板の張り替えで出た廃材を使って、携帯ストラップ「青春のわんぴーす」を作ってくれたことを紹介し、生徒たちからのメッセージを朗読。「学校を引き継いだ、身近な場所にいる後輩たちが活躍してくれることを願っています」と述べた。

 延岡西、延岡東の両校を引き継いだ延岡星雲高校の藤本格校長と、しろやま支援学校の橋本昭彦校長が来賓あいさつ。橋本校長はストラップの作成工程をVTRで紹介し、「延岡西高としろやま支援学校の絆がますます深まることを願っています」と話した。

 招待を受けた恩師18人が紹介された後、前回実行委員長を務めた染矢貴裕さんの発声で乾杯。和やかに料理を囲み、懐かしい話や近況報告で盛り上がった。

 アトラクションでは、会場からしろやま支援学校に残る母校のシンボル・カントの星モニュメントまでを走って往復する時間を当てるクイズ、母校にちなんだクイズ、豪華賞品が当たる抽選会で盛り上がった。

 また、8月25日に延岡総合文化センターで、同高卒業以来27年ぶりのライブを行った27回生のSay―You(本田誠人さんと中尾諭介さん)も登場。ライブの盛況に感謝したほか、息の合った漫才を披露して大きな拍手を浴びていた。

その他の記事/過去の記事
page-top