【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

乳幼児医療費助成対象拡大へ−延岡市

本紙掲載日:2019-02-26
1面

来年4月から外来は小6まで

◆歯科は今年から中3まで

 子育て家庭の経済的負担の軽減などにつなげるため、延岡市は来年4月から、歯科診療以外の外来診療の乳幼児医療費助成の対象を、診療時間内に限って小学校6年生まで拡充することを明らかにした。2月26日開会の市議会3月定例会に関連する予算案と条例改正案を提出した。(関連記事3面)

 延岡市の外来の乳幼児医療費助成は現在、就学前の乳幼児が医療機関を受診した場合、診療科ごとに月額350円の自己負担で済む。歯科外来については今年4月から、中学校3年生までの拡充実施が決定。提出する関連議案が可決されると、歯科以外の外来診療の助成対象が広がる。

 こども家庭課などによると、内科や小児科など一般診療科の乳児医療助成の対象拡大については、市と市医師会が、医師や看護師など医療従事者の慢性的な不足といった医療現場の抱える課題や現状などを踏まえながら意見交換を重ね、実施に向けた方策について協議を進めていた。

 市は、外来の乳幼児医療費助成の対象範囲を最終的に中学生までに拡大することを視野に入れているが、対応する医療現場の混乱や医療従事者の負担増・人材確保などへの不安なども考慮し、まずは診療時間内に限って小学6年生まで拡充することでまとまった。

 加えて、市は来年度、来年4月の拡充スタート後の医療機関への負担増をできるだけ抑えるため、医療現場の負担増の要因とされるコンビニ受診の自粛や夜間急病センターの正しい利用、拡充は診療時間内の受診が対象であることなどの啓発の取り組みに力を入れる。

 拡充の実施に伴い、市は、既存システムの改修を行うための電算委託料228万円を来年度一般会計当初予算案に計上し、「市乳幼児等医療費助成に関する条例」の改正案と併せて市議会3月定例会に提出する。

 住民基本台帳に登録された延岡市の小学生数は今年1月1日現在、6572人。

 市は「まずは小学生まで拡充し、医師や医療スタッフの状況を見た上で、中学生まで拡充できるかを医師会と協議していくことになるが、市としても医療現場の負担増を抑えるため、啓発の取り組みをしっかりしていきたい」としている。

 同市の入院の乳幼児医療助成については、すでに中学生までが対象になっており、就学前が月額350円、小・中学生が1000円の自己負担で診療が受けられる。

その他の記事/過去の記事
page-top