【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡の地で20周年−九州保健福祉大学20周年

本紙掲載日:2017-11-09
9面

社会に有為な人材を養成

 学校法人順正学園・九州保健福祉大学(加計美也子理事長・総長、迫田隅男学長)は、平成10年12月に設置認可を受け、同11年4月に延岡市の協力を得て、「公私協力方式」の大学として開学した。これまでに送り出した卒業生は8270人=5月1日現在=。医療・保健・福祉を中心に全国各地で活躍している。現在は社会福祉学部、保健科学部、薬学部、生命医科学部、大学院、通信教育部、別科を設置。在籍者は合わせて2444人=同日現在=。「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する」との同学園の建学の理念のもと、延岡の地で学んでいる。

◆高い就職率と国家試験合格率

 大きな特長として誇るのが、高い就職率と国家試験の合格率だ。
 近年の就職率(就職希望の3月卒業生に対する就職者の割合)をみると、平成24年度以降98%以上、同26年度には100%を達成している。
 国家試験合格率の高さも「全国トップクラス」と同大学。同28年度新卒者の合格率は言語聴覚士100%、視能訓練士100%、薬剤師96%など。薬剤師の合格率は全国の私立56校中5位と全国上位で、視能訓練士は6年連続100%を達成している。

◆教員・職員の連携で、きめ細かに個別指導−就職支援
 高い就職率の背景について、学生の進路を支援する同大学キャリアサポートセンターの黒川昌彦センター長は「教員とセンター職員との就職に対する連携が非常に取れている」と分析する。
 各学科の教員がたびたびセンターを訪れて、センター職員と学生の状況や求人などについて情報を交換共有。それぞれの立場から学生に助言、支援している。
 センターの黒田昌樹課長は「伝統としてほとんどの学生がセンターを利用しながら就職活動をしている」と説明する。また「個別指導がしやすい規模の大学」とし、センター職員が学生の顔と名前を覚えながら、きめ細やかな個別指導に当たっているという。

◆基礎学力と学習習慣に取り組む−薬学科
 薬剤師の国家試験合格率の高さについては「基本は学生の頑張り」と松野康二薬学部長・薬学科長。その上で、
 リメディアル教育と1年次での学習の習慣付けに力を入れているという。リメディアル教育は高校の補講教育のことで、高校で化学、物理、生物を履修しなかった学生や、苦手な学生が対象。学科の専門教育には化学だけでなく物理学、生物学を理解しておくことが重要で「e―ラーニング教材」などを活用し、学生に基礎学力を付けている。
 また、学習の習慣付けのために取り組んでいるのが、1年前期にあるキャリア教育やエンカレッジ教育。薬剤師の仕事について知るキャリア教育などを通し「薬剤師になる」というモチベーションを高め、学習意欲につなげていく。
 松野薬学部長・薬学科長は「入学時の成績と卒業時の成績は関係ない。勉強の習慣が付いた学生は伸びていく」と語る。
 薬学科の講義棟と研究棟の各階ロビーには、いつでも自習をできるように、いすとテーブルが設置されている。また、午後5時から同10時まで講義室2部屋を自習室として開放。研究室がある研究棟には教員が出入りしており、学生が教員に質問したり雑談したりする姿もよく見られる。この教員と学生との距離の近さも特徴という。
 こうして基礎学力と勉強習慣を身に付けた学生たちは、勉強に集中できる環境で日々、それぞれの目標に向かって励んでいる。松野薬学部長・薬学科長は「真面目で地道に頑張る学生が多い。この頑張りに応えていきたい」と語る。

◆盛んな部・サークル−地域に元気を、エイサーは引っ張りだこ
 勉学の傍ら、多くの学生が部・サークルに所属し、キャンパスライフを充実させている。
 その一つ、エイサーサークル「琉球魂」は、市民に最も知られているサークルだろう。沖縄の伝統芸能であるエイサーを熱く、爽やかに披露し、地域のイベントなどに引っ張りだこ。多いときには1日に3件出演することもあるという。
 琉球魂は平成13年、沖縄出身の学生を中心に結成した。当初はエイサーのビデオを沖縄の友人に送ってもらって練習。太鼓を購入するのにもひと苦労で、ゼロからのスタートだったという。
 前部長(16代目)を務めた伊禮快(いれい・かい)さん=社会福祉学部子ども保育福祉学科4年=は「何もないところからサークルをつくったことなど、いろんな話を伝統として受け継いでいる。今でもOB、OGが遊びに来てくれ、気に掛けてくれている。つながりは強い」と語る。
 伊禮さんは、琉球魂に所属していた同じ学科の先輩に誘われて入会。沖縄出身だが、それまでエイサーを踊ったことはなかった。
 見てくれる人が笑顔になったり、一緒に踊り始めたりする姿を目の当たりにし、次第に、その魅力に取りつかれていった。「疲れを忘れて僕も楽しくなっていった」
 地域の人と触れ合うことも多かった。「見てくれる人に楽しんでもらうことを最優先でやってきた。相手のことを考えるという姿勢が将来、仕事に生かせたら」と語る。
 福祉施設などを訪問すると、琉球魂を応援してくれるファンに出会ったり、涙を流して喜んでくれる高齢者もいた。「琉球魂がこの土地にある意味を感じた」と笑顔。「これからも延岡の〃元気がしら〃であってほしい」と後輩に希望を託す。
 同大学にはこのほか、目標だった九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会に今年出場を決めた硬式野球部、1部リーグ昇格を目指して奮闘するサッカー部、市内の中高生などをサポートしつつアスレチックトレーナーを目指す「アスレティックトレーニング部」、週1回のボランティアに取り組む水泳部、地域から指導者を迎えて活動している華道部や茶道部――など、さまざまな部・サークルが盛んに活動し、地域に元気を与えている。

◆目指すは感性豊かなスペシャリスト−地域密着に高い評価
 同大学は平成23年度、財団法人大学基準協会から「地域に密着している大学」として高い評価を受けた。教員が講師を務める「公開講座」をはじめ、市民対象の講座を多数開催。学園祭「九保祭」は毎年多くの地域住民でにぎわう。
 各学部各学科でも、技能や学生の若い力を生かした多様な地域貢献活動を展開する。
 例えば、臨床工学科。生命維持管理装置などの医療機器の操作や保守点検を行う「臨床工学技士」を目指す学科で、医療の高度化に伴って、臨床工学技士のニーズはますます高まるとされる。
 また同科は、東九州メディカルバレー構想の一環として、竹澤真吾学科長を中心にタイなどASEAN諸国に医療技術や機器の操作方法を教えるプロジェクトを進行中。医療人材育成拠点となって研修生を受け入れている。
 「豊かな感性で論理的に考える工学的センスを身に付け、医療に貢献できる学生を多く輩出したい」と同学科の戸畑裕志教授。臨床工学技士の業務に院内の電波管理も含まれてきたため、必要な通信工学を学ぶため、数年前から学生にアマチュア無線技士の講習などを薦め、資格取得を推進している。

◇災害時支える役割も
 また、同大学は、地震や津波などの大規模な災害発生時、傷病者を被災地外の災害拠点病院などへ搬送するために設置される臨時医療施設(SCU)に指定されている。教員や学生たちには、大災害時に地域を支える役割も期待されている。
 戸畑教授は「臨床工学技士は患者のそばにいる職種。誰よりも命の重要さを学ばなければならない。災害時にも、できる限り命を助けることを考えなければいけない」と語る。

◇若い力で地域の助けに
 また、アウトドア好きの戸畑教授の影響もあり、同科の学生たちは登山やカヌー下りなどを通し、県北の豊かな自然を体験している。
 「自然に親しむことは非常に重要だし、学生にも地域の人とのつながりを持ってほしい」と戸畑教授。楽しむだけでなく、年に数回、北川の支流でカヌーに用いた河川清掃を行うなど地域を助ける。昨年10月と今年9月には、台風で被害を受けた延岡市北川町の旧小学校跡や、同市の行縢山にある木橋の修復にも参加。学生たちの若い力は地域の人に非常に喜ばれた。
 戸畑教授は「地域にいる以上は、地域の人の思いを知らないといけない。地域の人の姿を知り、地域の人と話し、いろいろなことを教えてもらってほしい」と語る。
 学生たちは延岡の地ではぐくんだ地域、生命への思いを胸に、日本の将来を担う医療、福祉のスペシャリストとして社会に羽ばたいている。

その他の記事/過去の記事
page-top