【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市と共同整備−県体育館

本紙掲載日:2017-09-22
3面

スポーツランドの新拠点に

◆県が県議会に方針示す

 県は9月21日、2巡目国体に向けた主要3施設の整備方針を明らかにした。延岡市民体育館敷地に建設する体育館は同市と共同整備し、西階陸上競技場などと連携して県北地域における「スポーツランドみやざき」の新たな展開拠点として位置付ける。国体後は県レベルの以上の大会や強化合宿などにも十分活用できるよう市と連携する。県議会の総務政策、文教警察企業常任委員会に報告した。

 総合政策課などによると、体育館は首藤正治延岡市長が誘致要望の際、「応分の負担の覚悟がある」との意向を示したことを受け、共同で整備。他県の事例などを参考に現段階で積算した整備費は85億円程度(競技施設70億円、用地造成15億円)。ただ、荒天時の開閉会式会場を想定せず、観客席規模を縮小の場合は減額となる。

 スポーツランドの新たな展開では強化合宿などへの支援や、九州保健福祉大学などとの連携による競技力向上への支援、市や民間企業と連携した競技会開催やキャンプ誘致などに取り組む。

 都城市の山之口運動公園に計画の陸上競技場は、県が主競技場整備と用地造成、同市が駐車場を含めた付随施設整備を担う。主競技場の観客席は1・5万〜2万人規模で、開会式を見据え仮設対応も検討。現段階では整備費200億円程度(競技施設120億円、用地造成60億円、駐車場20億円)を見込む。

 宮崎市に予定するプールは、民間との連携で県有地に全屋内型を整備する方針。今後、同市との協議を含め、整備手法などを具体的に検討する。全屋内型が難しい場合は、一部屋外を整備する。

 県はまた、県総合運動公園について、今後ともスポーツランドの中心的施設として活用するため、既存施設の維持・改修とともに、南海トラフ巨大地震の備えとして津波避難の追加対策を講じることも示した。

 県は今後、延岡市などと協議しながら約1年かけて施設規模や整備費を盛り込んだ基本計画を策定する方針。

その他の記事/過去の記事
page-top