【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いよいよ開幕、世界ジュニアサーフィン(1)

本紙掲載日:2017-09-19
1面
昨年のポルトガル大会開会式でパレードする各国選手団(PHOTO:ISA/ChrisGrant)

日向おもてなし部会−「日向が一番良かった」

◆官民一体の応援団体、そう言わせたい

 選手の記憶に残る大会にしたい――。世界ジュニアサーフィン選手権(23日〜10月1日、お倉ケ浜海岸)が開かれる日向市では期間中、訪れた選手たちに気持ちよく過ごしてもらおうと、6月下旬に「日向おもてなし部会」を立ち上げた。約50カ国500人が出場する大会までの準備期間はわずか3カ月。「イベント」「国際交流」「文化交流・体験」「会場設営」4班のこれまでの取り組みを紹介する。

          ▽          ▽

 同部会は、日本サーフィン連盟や県などでつくる大会実行委とは別組織。海外からの受け入れを円滑に行うため、地元の官民でつくった応援団体だ。イベント班が手掛けるのは、主に初日のJR日向市駅前交流広場で行われる開会式関連の企画で、班長は吉原建設日向支店長の竹下和秀さん(52)が務める。

 「サーフィンを知らない人は多いだろうが、世界大会となるとめったにない。日向で行われるのは最初で最後かも。あくまで選手たちをもてなす企画だが、せっかくならその体験をたくさんの人に味わってほしい」と市民参加を呼び掛ける。

 開会式自体は大会実行委が担うが、その前後にあるステージイベントやパレードの一部、会場の物産展などは同部会が担当。市街地のパレードでは、市内の子どもたちが各国選手団のプラカードを持ち、日向、大王谷、財光寺、富島4中学校の吹奏楽部がマーチング演奏で花を添えるという。

 パレードコースは沿道の観客が散らばって少なく見えないよう、当初の予定よりも短く改めた。市内のさまざまな団体にも協力を呼び掛けており、当日は手旗を持った大勢の観客が各国を歓迎する。

 例年なら大会期間中の日程で行われる小学校の運動会は、今年は大会と重複しないよう前倒しで実施。たくさんの小学生が駆け付け沿道で手を振る予定だ。毎年夏にある花火大会も、今年は大会に合わせ30日に行うことになっており、市では総力を挙げて期間中のにぎわいを創り出そうと取り組んでいる。

 竹下さんは「駅前の開会式と聞いてすぐにイメージが湧いた。大勢の人が参加するイベントを行える素晴らしい環境が日向にはそろっている。有望な選手は今後の大会などでこれからたくさんの国を経験するはず。その時に『日向が一番良かったね』と言わせたい」。

 大会はアジア初開催。競技が東京五輪に採用されたことで注目度は高く、日向を世界へ発信する絶好の機会となる。市は「サーフタウンの名に恥じぬよう、開会式には1万人の動員を目指して盛り上げたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top