【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

20団体が生き生きと−県北合唱祭

本紙掲載日:2017-03-16
6面
全体合唱のコーナーでは東日本大震災からの復興支援ソング「花は咲く」を歌った。舞台上は門川町のコールフェリーチェと延岡市のコール・あい
ミュージカル「THEDANSHICHI2016」の最後に舞台上で踊る東海小4年生
「純一とSing・Song」の団員から花束をもらって笑顔の伊藤丈琉君と妹の詩乃ちゃん

東海小は「団七踊り」ミュージカル

 第39回県北合唱祭(延岡市文化連盟音楽部門主催)は12日、延岡市野口記念館であった。県北地区で合唱を楽しんでいるグループや学校計20団体が出演し、それぞれの練習の成果を披露した。

 学校は東海小4年生、土々呂中合唱部、恒富中3年生、延岡高合唱部、日向高音楽部が参加した。

 東海小4年生(66人)は、地元の伝統芸能「団七踊り」の由来を紹介するミュージカル「THEDANSHICHI2016」を上演した。

 草取り中に誤って侍のはかまを汚した娘をかばい、手打ちにされた父親のあだ討ちを果たす姉妹の物語。延岡市小中学校音楽祭(昨年11月)の出し物として作ったもので、生き生きとした演技と演奏に会場から大きな拍手が送られた。

 同小では4年時に団七踊りを教え、運動会などで発表するが、ミュージカル化は初めて。ピアノを担当した竹尾薫さんは「お姉ちゃんも踊っていたので団七踊りについては知っていたけど、今年は内容がよく分かりました」と話した。

 また、合唱団は児童、女声、男声、混声とジャンルも人数もさまざまな少人数から60人まで15団体が参加した。

 日之影町の女声合唱団「純一とSing・Song」(18人)が歌った「とりはいいなあ」は、延岡市の伊藤丈琉(たける)君=東小2年=が1年生の時に作った詩に、指揮者の興梠純一さんが作曲したもの。舞台上でその合唱を直接聞いた伊藤君は「すごくきれいな歌になっていた」と喜んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top