【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

財光寺農業小学校「土を耕し汗を流し」

本紙掲載日:2016-11-25
3面
財光寺農業小学校の修了式

8期生43人に修了証

 農業を通して自然の仕組みや農業の大切さを学んでいる日向市の財光寺農業小学校(二見順雄校長)は11月19日、同市財光寺の農場で修了式を開き、8期生43人に修了証を手渡した。

 同農業小学校は平成21年4月に県内初の試みとして開校。地域の元小学校校長や農業経験者などを「先生」、農場を「学びや」として、自然の恵みを感じながら大地を耕して作物を作り、食する尊さを体感する活動を続けている。

 今年度は4月から、市内3校(財光寺小、財光寺南小、日知屋東小)の小学5、6年生を中心とした子供生徒29人をはじめ、大人生徒、実習生を含めた43人で毎月第1、3土曜日に登校し活動してきた。

 修了式で二見校長(77)は「8年間で巣立った生徒は今年で273人となり、その1期生は今や大学生や社会人になろうとしている。体験したことは今後必ず生かされる」とあいさつ。

 8期生を代表し、安田瑶君(日知屋東小6年)は「僕は4年間、土を耕し、汗を流し、季節の野菜を作ってきました。自分で育てた野菜の味は格別で、学校だけでは体験できないことをたくさん学びました」と振り返り、指導してくれた先生たちにお礼を述べた。

 またこの日、登校日の「朝の会」で行われている農業講座が100回目を迎えたことから、担当している赤木紀男さん(74)に感謝状が贈られた。第9期は来年4月に開講する予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top