【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

飼い方やしつけ法学ぶ−延岡

本紙掲載日:2016-09-26
2面
犬や猫と快適に暮らす方法などを話す矢崎潤さん

市民公開講座−犬や猫と快適に暮らす

 市民公開講座「犬や猫と快適に暮らす〜うちの子の幸せを考えよう〜」が21日、九州保健福祉大学であった。講師は日本動物病院福祉協会認定家庭犬しつけインストラクターで、日本獣医生命科学大学非常勤講師の矢崎潤さん。犬や猫の飼い方、しつけ法などについて話した。同講座は、県獣医師会延岡支部(藤野光世支部長)が動物愛護週間(20〜26日)に合わせて2年に1度開いている。

 矢崎さんは、動物の視点で考えた幸せな生活について次の点を挙げた。
/形な水と十分な食事が与えられている
快適な環境が与えられている
I袖い陵祝匹氾切な治療が受けられる
て以の習性や行動を理解して接してもらえる
テ常的な世話に手間と時間をかけてもらえる
精神的、肉体的な苦痛を与え続けられない

 食事の与えすぎについては、肥満特有の病気のリスクを説明し、「健康を考えて食事を与えることが大切」。また、本来は動き回る犬や猫が家で飼われた場合の運動不足の解消のため、「布の中に食べ物を詰めたおもちゃを隠したりするなど、生活に刺激を与えて休んでいる時間を減らす工夫を」と述べた。

 快適な環境については、清潔に保つことが大切と説明。犬小屋の周囲が不潔だったり、狭いサークルの中で動きが制限された生活を挙げ、「住環境が満たされなければ欲求が発散できず、問題行動につながる」とした。飼育場所は、特に猫の場合は交通事故や感染症、連れ去りなどの危険を避けるため室内飼育を勧めた。

 病気の予防や適切な治療に関しては、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア症の予防、寄生虫の駆除、不妊・去勢手術、定期的な健康診断などの重要性に触れ、「健康に生きていくためには必要不可欠。犬や猫は話せないので飼い主が気付いてあげるしかない」と日ごろの観察が大切と話した。

 このほか、犬は運動してエネルギーを十分に発散させることが必要なため散歩が必要不可欠であるなど、動物の習性や行動をよく理解することの大切さを指摘。事故につながるお勧めしない叱り方としては、大声で怒鳴る、体罰を与えるなどを挙げて注意を喚起。猫に快適なトイレの設置場所などもアドバイスした。

 最後に、「動物が幸せであり、最期まで大切にされること」「飼い主が動物との暮らしを楽しんでいること」「周囲の人に迷惑をかけないこと」を〃飼い主の三箇条〃とし、トラブルを避けるための地域と円満な人間関係の構築や、散歩など日常的な世話にかける手間と時間の大切さを指摘。「動物たちの幸せは皆さんの手に委ねられている。動物と楽しく幸せに暮らしてほしい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top