【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

路線バスで宅配便を輸送

本紙掲載日:2016-06-02
3面
客貨混載の路線バスを送り出す出発式の出席者
中央の座席部分を改造して設けた荷台に宅配便を詰め込むヤマト運輸スタッフ

客貨混載スタート−延岡〜高千穂、日向〜諸塚

◆宮交とヤマト運輸

 路線バスで宅配便も輸送する宮崎交通とヤマト運輸の「客貨混載」が、1日から延岡―高千穂間と日向―諸塚間でサービスを開始した。

 客貨混載は、中央の座席部分を荷台に改造した専用の路線バス(ヒト・ものハコぶエコロジーバス)を活用。宮崎交通が▽延岡バスセンター(BS)と高千穂BSの双方向▽諸塚車庫から美郷町御田祭駐車場を経由して日向BSまで―の片道で、ヤマト運輸の宅配便輸送を代行する。

 これによりヤマト運輸は、延岡から高千穂に荷物を届けるため要していた片道約45分の輸送時間が解消。当日中に高千穂町から県内全域、延岡市から高千穂町に宅配便を送ることができるようになった。

 諸塚村と美郷町もサービスドライバー(集配)の待機時間が増えて、当日発送の集荷締め切りが午後3時から同5時までの2時間延長でき、従来取り組んでいる地域貢献事業の見守り支援や買い物支援もより充実できるようになった。

 一方、宮崎交通も空席のコストを宅配便輸送の収益に転化でき、双方に利点があるという。なお、宅配便は延岡発が午前と午後、高千穂発が午前の旅客バス、諸塚発が回送バスの、いずれも1日1便ずつを活用する。

 この日は出発式が午前に延岡BS(延岡市幸町)、午後から諸塚バス停横広場(諸塚村家代)であり、両社と運行区間の沿線市町村、県の幹部が、各区間の第1便を送り出した。

 このうち延岡BSの出発式で、宮交の菊池克鮗卍垢蓮嵜邑減少の中でどうにか路線を維持したいというわれわれとヤマト運輸さんの思いが一致した。地域住民の方々のメリットにもなる」と客貨混載の意義を強調。末永い維持に向け、支援を呼び掛けた。

 ヤマト運輸は昨年6月の岩手県に続き、同年10月から全国2番目に西都―西米良間で客貨混載を展開。今回は県内第2弾で、路線拡大は全国初という。

その他の記事/過去の記事
page-top