【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東大との実証実験開始−延岡市

本紙掲載日:2021-05-04
3面
実証実験について掲載している市ホームページの2次元コード

路線バスのニーズなど探る


 延岡市は、東京大学と連携し、路線バスの課題解決に向けた実証実験を開始した。東大が研究している技術で市民の移動実態や交通に対する潜在ニーズを把握、分析し、路線バスのダイヤやルートなどの最適化に役立てる。

 同市は昨年11月、東大大学院情報理工学系研究科附属ソーシャルICT研究センターと連携協定を締結。今回の実験では、市民のスマートフォンに東大が開発したアプリ「MITHRA(ミスラ)3」をインストール(登録)してもらい、行動データを収集する。

 実験期間は6月30日まで。期間中であれば、アプリをインストールすることで、実験に参加できる。対象は20歳以上の市内在住者、または市内への通勤・通学者でスマートフォンを持っている人。路線バス利用の有無は問わない。実験期間が終わるまでスマートフォンを持ち歩くだけで、特別な操作は必要ない。同市は参加者数1000人を目標としている。

 市はホームページ上で、アンドロイドOSのスマートフォンの場合と、iOS(iPhone=アイフォーン)の場合のそれぞれアプリ登録方法などを紹介している。

 5月30日までにアプリを登録すると、抽選で100人に宮崎牛や豚肉、野菜詰め合わせ、地酒、特産品詰め合わせなどの賞品プレゼントを予定している。応募方法は、アプリを登録し、アプリからリンクされている応募ページに名前、住所、電話番号など必定事項を入力。応募ページへのボタンは5月上旬に掲載する予定。

その他の記事/過去の記事
page-top