【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎・東諸県−赤圏域に指定

本紙掲載日:2021-05-03
3面
宮崎・東諸県圏域の感染急増圏域指定を発表する河野知事

宮崎市の飲食店に営業時間短縮を要請−県

 県は2日、新型コロナウイルス感染症の新規感染者が増加している宮崎・東諸県圏域について、赤(感染急増)圏域に指定し、圏域の住民に原則外出自粛などの行動制限、宮崎市の飲食店を対象に時間短縮営業を要請すると発表した。期間は2日から23日をめどとし、終期は感染状況を見極めて判断する。

 宮崎市の新規感染者が相次ぐクラスター(感染者集団)の発生などで急拡大していることを受け、県は同日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開いて方針を決定。知事は会見で、「早めの指定と対策を打ち、感染を抑え込みたい」と要請への理解・協力を求めた。

 同圏域の直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は、宮崎市中心部の接待を伴う飲食店のクラスター発生などで1日時点で19・9人。国が感染爆発段階とするステージ4の指標(25人)には至っていないが、2日午前中の検査結果で20人を超え、今後の増加も懸念されるため、早期の指定に踏み切った。

 圏域住民には「原則、外出自粛」や「会食は4人以下、2時間以内」「高齢者施設・障害者施設の面会制限」などを求める。

 また、宮崎市の飲食店などを対象に、3日から23日まで営業時間短縮を要請する。酒類提供は午前11時から午後7時までとし、午後8時から翌日午前5時まで営業しないことを求めている。

 時短営業に応じた飲食店などには売り上げ規模別に協力金が支給される。対象期間は5日から23日まで。個人を含む小規模事業者には売上高方式で1日当たり2・5万〜7・5万円、大企業には売上高減少額方式で20万円を上限に支給される。要請期間が短縮された場合は、その日数に応じて減額される。

 最近の感染状況の特徴として、知事は、感染力が強く重症化しやすいとされる変異株が疑われる陽性者の割合が増加し、従来株から置き換わりつつある現状への危機感を強調。また、県内で最大の人口が居住する同圏域の赤圏域指定について、「県全体の人の動きや経済の中心で影響も大きい。県下全域で注意喚起する必要がある」と感染防止対策の徹底を呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top