【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

涅槃会−善正寺で法要と法話の集い

本紙掲載日:2020-02-13
2面
焼香を行い手を合わせる参拝者

お釈迦さまの命日しのぶ−延岡市仏教会

 延岡市仏教会(野中玄雄会長、32カ寺)は12日、「涅槃会(ねはんえ)」にちなむ「法要と法話の集い」を同市山下町の善正寺で開いた。各宗派の檀(だん)信徒、門徒など約50人が参加し、お釈迦(しゃか)様の命日をしのんだ。

 「涅槃会」は、市仏教会の年中行事の一つ。陰暦2月15日に80歳で入滅したとされるお釈迦様の安らぎと教え、生涯を信奉し学び合う布教活動の一環として開いている。

 法要では、野中会長ら仏教会員と参加者が般若心経を読経。釈迦が入滅する様子を描いた「涅槃図」が掲げられた祭壇で次々と焼香し、その遺徳と先祖、故人をしのんで手を合わせた。

 野中会長は、涅槃の意味を説明しながら「最愛の人が亡くなり悲しい時、お葬式などを通じて生きている者も救われる。そこから『自分たちは頑張っていくんだ』『大丈夫なんだ』と考えるのも涅槃ではないか」と語り掛け、「一生懸命生きていく気持ちを持ち、精進や努力を大事にするきっかけにしてほしい」と話した。

 法要後は、照源寺の柴田法順副住職、三福寺の田村智彰副住職による法話、自由茶話会もあった。

その他の記事/過去の記事
page-top