【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北トップ−高千穂町で開始

本紙掲載日:2022-03-05
1面
ワクチン接種を受ける子ども(5日、高千穂町武道館)

5〜11歳ワクチン

◆約360人が1回目接種終える

 5〜11歳の子どもを対象にした新型コロナワクチンの接種が5日、県北のトップを切って高千穂町で始まり、町内の360人近くが1回目接種を済ませた。

 町内に住む対象者637人のうち、6割近い364人から申し込みがあり、集団接種会場となった三田井の町武道館には開始時間の午前9時30分から親子連れが続々と来場。看護師資格者らによる受け付けと医師の問診を済ませると、2区画のブースでワクチン注射を受けた。

 子どもは別の予防接種を受ける機会も多いため、受付では接種間隔などを母子手帳で入念に確認。万一に備え、会場だけでなく、町立病院も緊急対応に備えた。

 また、問診の医師らは子どもたちを緊張させないよう、白衣ではなく、柔らかい色柄のエプロンや、人気アニメのキャラクターをまねた服装にするなど工夫。ほとんどの子どもは粛々と接種を受けたが、中には泣き出す児童もいて、保護者やスタッフが笑顔で促す光景が見られた。

 キャンセルで空いた接種枠は、予約なしで来場した希望者を充てるなど、ワクチンを余らせないよう臨機応変に対応。会場には、これから小児用接種を始める近隣自治体の職員が視察に訪れていた。

 町は26日に2回目の集団接種を計画し、今後は町立病院での個別接種で対応。接種を済ませた戸睛杠敘気気鵝聞眄虔羮5年)は、「家族も接種しているので、きょう受けようと思った。怖くなかったしチクッとしたくらいだった」。甲斐辰樹さん(同3年)も「友達もみんな接種した。早く県外に住むおじいちゃんと会いたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top