【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

板金職人の浪漫世界

本紙掲載日:2022-02-10
7面
「城山の千人殺しの石垣」を前にする木村さん。左は「小倉城」
後藤作次郎邸

木村喜久生さんブリキの作品展−18日まで、虎彦サロン

 延岡市川島町の木村喜久生さん(66)によるブリキの作品展「板金職人の浪漫(ろまん)世界挟邉彑犬離屮螢ワールド」が、同市幸町の「風の菓子虎彦サロン」で開催されている。観覧無料で18日まで。開場は午前9時〜午後7時、最終日は同5時まで。

 板金職人として40年のキャリアを持つ木村さんは、10年ほど前から、製品を作る際に出るブリキの端材を使って、郵便ポストや募金箱などを作り始めた。そのうちに友人らから「自分の家をモデルに」「城山の大手門を作って」などとリクエストされるようになり、創作の幅を広げたという。

 同サロンでの作品展は2016年に続き2回目で、今回は「沖縄の首里城」「城山の千人殺しの石垣」「城山の大手門」「フランスの文化遺産モン・サン・ミシェル」「小倉城」など50点を出品。会場を訪れた子どもたちにイラストを描いてもらったバケツ形のごみ箱も多数展示している。

 また、同市東本小路の野口遵記念館建設に伴って一昨年3月に解体された「後藤作次郎邸」を模した作品もある。いずれも、大きな作品には、ポストや小物入れとしての機能を持たせているのが木村さんのこだわりで、開け口がどこかを探すのも楽しそう。

 「建物は50枚以上写真を撮ってイメージを考え、さらにデフォルメして形にします。ポストや小物入れは、ぜひ触って、開けて確かめてください」と木村さん。

その他の記事/過去の記事
page-top