【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

消防団活動−若手団員が意見交換

本紙掲載日:2021-12-06
2面
意見を交わす若手・女性消防団員ら

県北ブロック−五つのテーマで活発に

 県消防協会(盒蕎撒弉馗后砲砲茲觚北ブロック意見交換会が11月27日、日向市の日知屋公民館であり、日向、延岡、西臼杵支部の9消防団から若手団員15人が参加、団活動の改善点や在り方について意見を交わした。

 同協会では毎年、県北、県中、県南ブロックごとに消防団長や行政関係者が一堂に会し、消防団活動について協議する「正副団長会議」を開催している。今年度は、全国的な課題である団員の確保に向け、団加入10年以下の若手・女性団員を対象にした意見交換会を併せて実施した。初の試みという。

 意見交換会には延岡市、高千穂町、日之影町、五ケ瀬町、椎葉村、諸塚村、美郷町、門川町、日向市の各消防団から1、2人ずつが参加。宮崎市消防団の酒匂浩司団員(47)=団員歴28年=を座長に五つのテーマに沿って話し合った。

 最初のテーマは「消防団員になって良かったこと」で、所属や団員歴などの自己紹介を踏まえながら、「応急手当て普及員の資格を取得し、人を助けるための知識を得られた」「地域の人たちと仲良くなれた」「女性の方が親しみやすさを感じてもらえている」などと日々の活動から感じた思いなどを出し合った。

 最も活気付いたテーマは「こんな消防団はいやだ」。「何かと理由をつけて飲み会が行われる。消防団イコール飲み」「操法大会(例年夏開催)に向けて春からずっと練習する団もある」「年功序列。優秀な人が班長になるべき」「〃操法離婚〃という言葉がある。個人(家庭)も大事にしてほしい」などの意見が出され、いずれも深くうなずきながら共感する姿が見られた。

 また、女性消防団の活動については「あまり活動できていない」との意見がある一方、「男性団員と一緒。火消し、捜索活動も行う」など、各支部や団ごとにも異なる報告がなされていた。

 約1時間半の意見交換を終え、門川町消防団4分団8部の黒木大生副部長(27)=同7年=は「他地域の消防団のように、資格取得などもっと積極的に動いていかなければならないと感じた。団活動の意欲が高まった」。椎葉村消防団女性部の椎葉奈木沙副部長(32)=同4年=は「現在、女性の立場を模索中。今後、女性の活躍が大事になってくるので、福祉と連携し、地域を守っていきたい」。

 座長を務めた酒匂団員は、「消防団は団員確保などさまざまな問題がある。これからの5年、10年後を見据え、一人一人が考えることが大事。ぜひ団幹部には若手団員の素の声を聞いてほしい」と話した。

 この日は、意見交換会のほか、正副団長会議、出席者全員を対象にした講演会もあった。講演会では、消防団等充実強化アドバイザーの加藤實さん=愛知県=が「消防団への加入促進について」と題して話した。

その他の記事/過去の記事
page-top