【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2月11日にバレエまつり

本紙掲載日:2021-01-20
6面

新作「マーシャの夢」を上演−宮崎

 みやざきバレエまつり「マーシャの夢−くるみ割り人形版−」が、2月11日午後5時から宮崎市船塚のメディキット県民文化センター演劇ホールで開かれる。チケットを販売中。JAPANLIVEYELLproject2020inみやざき実行委員会など主催、夕刊デイリー新聞社など後援。

 「東京シティ・バレエ団」の岡田晃明さんや石井日奈子さん、「スターダンサーズ・バレエ団」の石川聖人さんら若手プロバレエダンサー6人を招き、県内のアマチュアダンサーも参加して、この公演のための新作「マーシャの夢−くるみ割り人形版−」を上演する。

 演出・振り付けは、宮崎市出身で元伊達バレエ団団員の福成里美さん(SatomiBalletClassic代表)。

 あらすじは−−マーシャはバレエが大好きな女の子。「いつか自分も憧れの『金平糖(こんぺいとう)の精』を踊れるようになりたい」とレッスンを頑張っていたが、なかなかうまく踊れない。そんな自分に自信をなくしていたある日、レッスンの終わりに思いがけず先生からトゥシューズをプレゼントされる。大喜びで帰ったマーシャは、先生からもらったトゥシューズを抱いたまま眠ってしまう。そして見た夢は…。

 同作品は、プログラムの第2部で上演する。第1部では、プロダンサーたちが、ミンクス作曲「パキータ」の曲を使った作品を披露する。

 また、重い聴覚障害を努力と工夫で乗り越え、バレエに取り組んでいる中学1年生の菊池海麗さん(岩手県盛岡市在住)が特別出演し、「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」の「リーズのバリエーション」を踊る。菊池さんは、2017年東北地方コンクール1位、18年JBC東京大会6位、19年同11位。

 すべて自由席で、チケットは2000円。小学生以下は無料だが、保護者の同伴と、事前にJLYpみやざきホームページから、入場整理券を入手する必要がある。

 チケットの取扱所は他に、みやざきアートセンター、メディキット県民文化センター内チケットセンター、セブンイレブン(電子チケット)。ただし、県民文化センターとセブンイレブンでの取り扱いは2月5日まで。問い合わせ先は、みやざき文化村(電話0985・22・3115)。

その他の記事/過去の記事
page-top