【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

春びな−鑑別、出荷作業続く

本紙掲載日:2021-01-12
1面
雌雄をより分ける鑑別師たち(12日、日向市財光寺)

アミューズ、防疫など徹底し−日向

 採卵用のひよこを生産する日向市財光寺のアミューズ(赤木八寿夫社長)では、年明けに生まれた「春びな」の鑑別と出荷作業に追われている。

 欧米から仕入れた3種類の親鳥の卵を同社事務所に併設された平岩孵卵(ふらん)場で21日間かけてふ化させ、1、2月に生まれたひよこを春びなと呼んでいる。

 場内では、全日本初生雛(しょせいびな)鑑別師協会から派遣された鑑別師5人が、円形のベルトコンベヤーの周りに座って作業。ふ化したばかりの「初生ひな」を次々と取り、羽の生え方などから瞬時に性別をより分けていた。1人が1時間当たり1500羽を判別するという。採卵鶏となる雌だけが養鶏場に出荷されることになる。

 同社では九州一円と山口、島根、岡山各県の養鶏場へ年間約400万羽を出荷している。ひよこはふ化して約4カ月で卵を産み始める。

 仲村悟場長(31)は、「全従業員はシャワーを浴びた後に着替えて作業を行うなど防疫、清掃、消毒を徹底しています」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top