【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

記念史で結成10年の歩み

本紙掲載日:2020-11-27
2面
結成10周年記念史を発行した「学校支援のべおかはげまし隊」の(右から)池澤秀明事務局長、佐藤理事長、事務局員の平野ひろみさん

NPO法人「学校支援のべおかはげまし隊」

◆認知度向上隊員増強へ・活動さらに

 延岡市内の小中学校で授業支援に取り組み続け、昨年10月に創立10周年を迎えたNPO法人学校支援のべおかはげまし隊(佐藤邦典理事長)がこのほど、「のべおかはげまし隊結成10周年記念史『みまもるよりそうはげます』」を発行した。A4判312ページで、発行部数は110部。市立図書館はじめ、市内各団体に配布している。

 記念史には活動対象校の各校長や隊員の投稿、活動記録、年表などを掲載。10年間の歩みを知ることができる。当初は4月ごろの完成を目指していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で半年ほど予定がずれ込んだ。

 編集作業を振り返り、佐藤理事長は「多くの方のおかげで発行することができた」と学校関係者の協力や隊員の尽力に謝意し、「(記念史が)10年間の集大成の記録、今後の活動の指針、市民への認知度向上、隊員増強につながれば」と話した。

 のべおかはげまし隊は2009年、旭化成延岡OB会23人で結成。同年10月8日に実施した岡富中学校での授業支援から活動をスタートさせた。12年にはNPO法人化し、対象の学校を拡大。隊員数も主婦や自営業者の入隊が増え、年代も40〜80歳代と広がりを見せている。

 現在の隊員は約170人。市内12の中学校(小中一貫校含む)に年間延べ約1万2000人が赴き、数学や英語などの授業のサポートを行っているが、今年はコロナ禍で実動機会が大幅に減ったという。

 「学校・家庭・地域が一体となって子育てに臨む流れは、今後より明確になっていく。地域の一端を担うべくコロナ収束後も〃みまもるよりそうはげます〃の活動を充実させていきたい」と佐藤理事長。随時、隊員を募集しており、「経験豊富なベテランも多くいるので、どなたでも活動できます」と呼び掛けている。記念史や入隊に関する問い合わせは同事務局(電話延岡29・3786、ファクス延岡29・3739)。

その他の記事/過去の記事
page-top