【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

JR宮崎シティ・黒川社長に聞く(下)

本紙掲載日:2020-11-18
2面

20日開業、アミュプラザみやざき

◆街と接するつくり、大きな強み「回遊する面白さを感じて」

−―まちづくりとはどのように連動されていますか。

この街が面白いつくりをしているなと感じるのは、橘通やその周辺は歴史もありますし、若草通はアーケード、広島通りはオープンになっていて、アミーロードは若い経営者がたくさん出てきて勢いがあります。四季通りは小さいですが面白いお店がいっぱいあります。
そこに山形屋や宮崎ナナイロ(旧ボンベルタ橘)、MRTミック、カリーノ宮崎など特徴ある大型店があり、ここはここで大きなクスノキがあり歩道も広く、街を象徴するようなオフィスゾーンです。歩いて回るとそれぞれが個性的で、楽しいつくりだと思うんです。
なので私たちはここでこのような開発をやっていくことで違う役割を担い、街を回遊する面白さを感じてもらえたらいいと考えています。
3館になったことで、「うみ館」で買い物をされた方がスーパーに寄って帰ろうと思ったら、外に出ないといけなくなるわけです。「きらめき市場」で買い物された方も街の方に歩いて行くというふうに、お客さまが必ず街と接するというつくりになっているのは大きな強みで、街との連携は大前提です。
それに対して商店街組合さんからも「クリスマスのイルミネーションを一緒に点灯しませんか」とか、「同じ時期にイベントをしましょう」とか、いろんな企画のお話をいただいています。
グリーンスローモビリティーも委員会組織に入れていただいて、ルートの設定などより良い運行づくりの話し合いに参加させていただきました。

−―県北の方にはどのように利用していただきたいですか。

宮崎の場合、どうしても土地、平地も広く、お車での移動が多いと思うんですね。それはそれで楽しいとは思うんですが、街歩きとかタウンウォッチングというのはまた別の面白さがあると思うんです。
いったんここに車を止めていただくと、それぞれの特徴あるゾーンを回遊しながら一日を楽しむことができます。そのために、公共交通機関ではJRも宮交(宮崎交通)さんも開業に合わせてメリットのある企画切符を作ったりされています。
宮交さんはまた、10月のダイヤ改正で随分とバスの本数を増やされています。150〜160本ほど増やされたということですが、それによって相当乗降数が増えたとうかがっています。100円バスの企画切符も非常に人気だということです。このように交通機関を利用しやすい環境をつくっていただいています。
それから駐車場も4カ所で1300台分ほどを保有することができ、今より便利になると思います。県がMaaS(マース)の実証実験に手を挙げてくださり、いいタイミングにキャッチーな話題となりました。

−―最後に改めてアミュプラザみやざきのPRをお願いします。

ぜひ街歩きを楽しんでいただきたいと思います。アミュプラザみやざきが新しくできるわけですが、それに加えて橘通の大型店や、そこをつないでいる商店街も今後どんどん進化していきます。
大街市祭でも一段とパワーアップした印象を持ったところですが、ショッピングだけでなくお食事をしたり、イベントに参加されたりして新しい街での過ごし方を体験していただけたらと思っています。


その他の記事/過去の記事
page-top