【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大賞−吉川七菜子さん(宮崎市)

本紙掲載日:2020-11-14
1面

第10回青の国若山牧水短歌大会5部門に4050首

◆最優秀賞−椎葉小6年生・工藤遥斗さん

 日向市は13日、全国から短歌作品を募集した「第10回青の国若山牧水短歌大会」の入賞作品を発表した。

 青の国短歌大賞は宮崎市の吉川七菜子さん(23)が詠んだ作品「太陽の光を2キロ蓄えて完熟マンゴー東京へ発つ」が選ばれた。

 県北からは小学生の部で椎葉小学校6年生の工藤遥斗さんの作品「虫取りあみさっとかぶせてつかまえるトンボ一匹初めてさわる」が最優秀賞に輝いた。

 大会は小学生、中学生、高校生、一般の部自由題、同題詠「光」の5部門で作品を募った。応募数は小学生の部が655首、中学生の部970首、高校生の部1270首、一般の部(自由題)574首、同(題詠「光」)581首の5部門合わせて4050首。

 第17回若山牧水賞受賞者で歌人の大口玲子さん(宮崎市)による審査の結果、全部門を通じた青の国短歌大賞をはじめ、各部門で最優秀賞、優秀賞、優良賞、佳作の入選作が決まった。

 例年開催される表彰式は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の観点から中止。賞状などは入賞者へ郵送される。

各部門の入賞者は次の通り(優良賞以上)。
【青の国短歌大賞】吉川七菜子(宮崎市)

【一般の部(自由題)】最優秀賞=千葉ひとみ(和歌山)
▽優秀賞=白石和子(福岡)河野千代子(広島)
▽優良賞=宮田隆雄(日南市)桐生莉緒(東京)大林明彦(同)

【一般の部(題詠「光」)】最優秀賞=大賀康男(愛媛)
▽優秀賞=河野正(延岡市)清水良郎(愛知)
▽優良賞=井田寿一(滋賀)森田アヤ子(山口)風間洋平(新潟)

【小学生の部】最優秀賞−工藤遥斗(椎葉6)
▽優秀賞=馬場麻友佳(富高6)飛鳥井奏和(財光寺南6)
▽優良賞=甲斐葉愛(日之影5)金丸唯音(財光寺南6)西谷美月(同)

【中学生の部】最優秀賞=川越優羽(宮崎市・宮崎西付属2)
▽優秀賞=外山芽依(宮崎市・宮崎西付属2)楠元優太(小林市・紙屋2)
▽優良賞=今田歩夢(美郷町・西郷3)上田杏奈(宮崎市・生目3)福島妃夏(同)

【高校生の部】最優秀賞=宇津知紘(宮崎商業3)
▽優秀賞=阿部千年(富島定時制2)清山功聖(宮崎大宮1)
▽優良賞=吉住拓哉(都城東2)林田聖人(富島定時制2)重山香澄(宮崎北3)

その他の記事/過去の記事
page-top