【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

古澤巌さん・高千穂神社でコンサート

本紙掲載日:2020-08-03
6面
「高千穂幻想」などを演奏したバイオリニストの古澤巌さん

「高千穂幻想」地元に披露

◆神楽と刈干切唄がモチーフ

 バイオリニスト古澤巌さんのコンサートが7月26日、高千穂町の高千穂神社神楽殿で開かれた。新型コロナウイルス感染症予防策を実施した上で、県内外の約100人が古澤さんの奏でる音色に聞き入った。古澤巌ヴァイオリンコンサート実行委員会(佐藤哲章実行委員長)主催。

 古澤さんは東京都出身、在住。第一線で活躍する傍ら、日向市で音楽スクールを開くなど県北とも縁が深い。同町では実行委員会が中心となって2018年から毎年コンサートを開いている。今回は感染症予防のため、来場者の問診、検温、手指消毒、間隔を空けて座る、会場は窓を開けて換気をするなどして開催した。

 古澤さんもマスク着用で登場し、「町の想(おも)い出」「RollingStrings」「Concerto第5番」などを時に軽やか、時に情熱的に演奏。チェロ奏者の大藤桂子さん(東京都在住)も出演し、2人で「ホワイトローズ」「パッサカリア」を演奏した。

 最後は、古澤さんが高千穂町をイメージして作曲した「高千穂幻想」を同町で初披露。神楽、刈干切唄のメロディーを引用して作られた曲に観客は聞き入り、拍手を送っていた。

 古澤さんは、昨年末に高千穂の夜神楽33番を鑑賞し、刈干切唄を聞いた。その中で印象に残った旋律を組み合わせるなどして同曲を作ったという。コンサート後、古澤さんは「高千穂でこの曲を奉納できて良かった。この曲を通じて高千穂の夜神楽を知ってもらえたら」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top