【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界農業遺産−地域の暮らしを「魅せる」

本紙掲載日:2020-07-14
2面
西谷さんの話を聞く受講生

観光ツアー開発へガイド育成−高千穂

 県北5町村の「高千穂郷・椎葉山地域」が認定されている世界農業遺産(GIAHS=ジアス)をテーマに訪日外国人(インバウンド)向けの観光ツアー開発に取り組む高千穂町は13日、ツアーを案内する「GIAHSキャスト(ガイド)」の育成講座を開講した。

 講座は、単なる観光ではなく、ジアスに認定されている地域の暮らしを「魅せる」人材を育てるのが狙い。地元を中心に観光業に携わる12人が受講し、12月まで月1回のペースで座学、フィールドワーク、先進地視察などを予定している。

 この日、同町岩戸の「神楽の館」で開講式があり、主催者を代表して甲斐宗之町長が「いろんなことを積極的に学び、情報発信に協力していただきたい」とあいさつ。また、来賓の飯干淳志・町観光協会長は「皆さんと議論しながら観光協会も協力していけたら」と話した。

 式の後は、地域資源を活用したツアー造成やガイド育成などに取り組む「インアウトバウンド仙台・松島」代表の西谷雷佐さん(宮城県仙台市)を講師に、第1回講座があった。

 この中で西谷さんは、キャストに重要なこととして、参加者に合わせて対応ができる選択肢を持つことやツアーの設計などを列挙。その上で、「キャストは地域ストーリー(物語)のソムリエ」とし、重要な情報を判断、抽出して簡潔にまとめることや、事実(歴史)を伝えるだけでなく実際に相手に体験させ、共感を生み出すことの大切さなどを強調した。

その他の記事/過去の記事
page-top