【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

記者の道くさ−イチゴ狩り、妖精になりきって

本紙掲載日:2020-02-26
2面

 延岡市大貫町の「いちにのいちご園」(節賀誠司代表)は、食べるイチゴもさることながら「楽しむイチゴ」も売りにしている。

 昨年1月のオープン以来、「農業ではなく観光業」との思いから、写真撮影できるかわいらしい看板を設置するなど、さまざまな工夫をしている。

 昨シーズンは、子ども用のイチゴの帽子を用意したところ、大反響で「かぶりたい」という大人が続出。今シーズンは、子ども用に加えて大人用の帽子と簡単に着用できるマントを追加した=写真=。

 「子どもが着ると本当にかわいらしいんですよ」と目を細める節賀代表。中には「着て帰りたい」となかなか脱がない子どももいるとか。一方の大人はというと、「特におじさんたちに人気で、〃イチゴの妖精〃になりきって、イチゴ狩りと写真撮影を楽しんでもらっています」。

 「来て楽しめる農園を目指しています」と節賀代表。同園では5月上旬ごろまで、イチゴ狩りが楽しめるという。

その他の記事/過去の記事
page-top