【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

18日まで平岩地蔵まつり

本紙掲載日:2020-02-17
2面
きねと臼による餅つきをする参拝者ら(16日)

本尊など公開、ステージも−日向

 「火伏せ地蔵」として広く信仰されている日向市平岩の平岩勝軍地蔵尊大祭「平岩地蔵まつり」が16日から、同地蔵尊で始まった。18日まで。主催は同地蔵尊奉賛会(児玉今朝則会長)。

 初日は日曜日とあって雨天にもかかわらず多くの参拝者でにぎわい、本尊などに手を合わせてお札などを買い求めていた。

 尊社前で予定していた恒例のやぐら餅つきは雨のため中止に。昔ながらのきねと臼を使った通常の餅つきに変更された。奉賛会の会員による軽快な音頭に合わせてつき上げた餅は地区の女性部が丸餅にして振る舞い、参拝者たちは縁起物とされるつきたての餅を堪能した。

 期間中、江戸時代後期の仏教行者・仏像彫刻家、木喰上人(もくじきしょうにん)が、平岩に残した本尊「勝軍地蔵尊座像」をはじめ、市指定文化財の「利剣六字名号」や「阿弥陀如来像」などを公開している。

 最終日の18日は午前8時30分から参拝受け付け、同9時からの法要後、同10時からは地元の子どもたちによる和太鼓演奏ほか、歌謡や民謡、踊りなどバラエティーに富んだステージを予定している。児玉会長(67)は「地元の子どもたちにも毎年出演してもらっているが、人を思いやるお接待の心を一人でも多く引き継いでもらい、祭りを守ってもらいたい」と話し、多くの参拝を呼び掛けていた。

 木喰上人が木彫りしたとされる勝軍地蔵尊座像は、かつて平岩で起きた火災の際、地蔵尊像の場所だけ類焼を免れたという言い伝えで残り、火消し地蔵として親しまれている。

その他の記事/過去の記事
page-top