【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年最初の日に産声

本紙掲載日:2020-01-04
2面
村中さん夫妻と颯仁ちゃん、魁仁ちゃん、瑠那ちゃん
優諄ちゃんを見つめるジェリムさん(右)と実可子さん
律ちゃんを抱く田島さん夫妻

3組の家族−誕生に笑顔、成長祈る

 2020年がスタートした1日、県北の産婦人科に〃元日ベビー〃の元気な産声が響いた。小さなわが子を胸に抱いた家族は誕生を喜び、健やかな成長を祈った。元日と記念日が重なった3組の家族を紹介する。


◆村中誠さん・香菜絵さん夫妻−次男・颯仁ちゃん

 午後2時1分、体重3020グラム、身長48センチの颯仁くんが誕生。里帰り出産した香菜絵さん(27)=延岡市出身=は「本当に予定日通りになるとは。おめでたい日が、さらにおめでたくなった」と目を細めた。

 長男の魁仁ちゃん(5)と長女の瑠那ちゃん(3)の出産には「間に合わなかった」ため、立ち会ったのは今回が初めてという誠さん(28)=国富町出身=。分娩(ぶんべん)室で妻を励まし、「何度も経験できることではない。神秘的だった」と振り返った。

 魁仁ちゃんは「お世話したいな」と弟との生活が待ち遠しい様子。村中さん夫妻は「思いやりがあり、いろんな人から信頼される大人になってほしい」と第3子の成長を願う。


◆チェ・ジェリムさん・仲里実可子さん夫妻−長男・優諄ちゃん

 「優しく、自由にのびのびと育ってほしい」と実可子さん(31)=延岡市出身=。立ち会ったジェリムさん(30)=韓国出身=は「怖かった気持ちもあったが、生まれた瞬間にうれしさに変わった」と妻に感謝した。

 前もって韓国と日本で共通する名前に決めていたが、漢字を考えたのは大みそかの晩。命名を待っていたかのようなタイミングで陣痛が始まり、午後6時2分、体重3010グラム、身長46・7センチの第1子が産声を上げた。

 予定日より5日早く、実可子さんは「より祝福されている気がしてうれしい。大切に、大切に育てます」と幸福感を漂わせた。


◆田島真悟さん・友紀子さん夫妻−長女・律ちゃん

 日向市出身の友紀子さん(28)は、出産に備えて1カ月ほど前から里帰り。18日の予定日より早く、元日の朝に破水し、鹿児島県姶良市から駆け付けた真悟さん(29)が見守る中、午後2時57分、体重2380グラム、身長45・2センチの律ちゃんが無事に誕生した。

 「生むなら縁起のいい日が良かったので頑張った」と友紀子さん。2人にとって何もかもが初めてのことで「なかなか実感は湧かなかった」が、「(律ちゃんが)大きな声で泣いた瞬間は安心した」という。

 決めたばかりの名前について「自分を律するような子に育ってほしいと思いを込めた」と真悟さん。友紀子さんも「自分を大事にできる子どもに育ってほしい」と優しくわが子を見つめた。

その他の記事/過去の記事
page-top