【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市の2人に認証書

本紙掲載日:2019-12-19
2面
ひなたGAP認証制度の認証書を受けた三雲さん(右)と松原さん。中央は黒木局長

ひなたGAP・三雲さん(片田町)と松原さん(北浦)−東臼杵農林振興局

 東臼杵農林振興局(黒木哲郎局長)は17日、ともに延岡市のタマネギ生産農家三雲治男さん(77)=片田町=と、米、茶生産農家松原学さん(57)=北浦町=に「ひなたGAP認証制度」に基づく認証書を交付した。

 GAP(農業生産工程管理)は、農業生産のあらゆるリスクを低減し、食の安全・安心、環境保全、作業の安全など農業経営の改善を進める取り組み。

 認証制度は2017年7月に創設。青果物や穀物、茶、花きなどの生産者を対象に、県が定めるGAP基準書に基づいた取り組みが実践できていることを認証するもので、東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準にも対応している。

 この日は同振興局で認証書の交付式があり、黒木局長が2人に認証書を手渡した。JA延岡玉ネギ部会の会長を務める三雲さんは「皆さんの模範になれば」と取得に取り組んだ経緯などを紹介し、「農家の方々の参加を幅広く呼び掛けていければ」と話した。

 2012年に延岡に戻り、就農した松原さんは「(認証は)献身的に指導してくださった方々のおかげ。『危険』『汚い』『きつい』という3Kを、『賢く』『かっこよく』『希望に満ちた』3K農業に変えていきたい」と語った。

 黒木局長は2人の努力に敬意を表し、「周囲の人たちを巻き込みながら、後に付いてくる人が出てくるようなリーダーになることを期待している」と激励した。

その他の記事/過去の記事
page-top