【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県立延岡病院を視察

本紙掲載日:2019-12-04
2面
医師から説明を受ける女性議員

自民党女性議員政策研究会

 県内の自民党女性議員で構成する女性議員政策研究会(会長・小笠まゆみ五ケ瀬町議会議員)がこのほど、延岡市の県立延岡病院(寺尾公成院長)を視察した。医療機器など設備見学や現場の声を聞くなどして、県北の地域医療の現状と課題を学んだ。

 救急救命センターについて、長嶺育弘センター長が、さまざまな急患に対応できる広く機能的な設計の処置室や、近くにCT(コンピュータ断層撮影)などの機器を配置し、迅速な診断・治療につなげている点を紹介。続いて、屋上併設のヘリポートも見学した。

 また、同センターと連結する形で今年3月に開業した心臓脳血管センターを見学。循環器内科の山本展誉部長が、心臓カテーテル室が9月から2室に増えたことで、検査や治療数が伸びている利点を示す一方で、医療従事者の不足という課題なども強調した。

 意見交換では、産婦人科医師が職場環境をスピーチ。子どもを院内保育所に預け、現在妊娠する中で仕事を続けている現状を紹介し、職場内の保育所設置の必要性などを述べた。議員らは周産期センターも見学した。

 同日は県議、市議、町議の計6人が参加。小笠会長は「県北の医療態勢充実を模索したい」、同市選出の内田理佐県議は「視察で感じた課題を議会活動などに生かしたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top