【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

森田さん(五ケ瀬中等)が大賞

本紙掲載日:2019-11-04
7面
「大切なあなたへ贈る私の一冊」で大賞を受賞し、表彰を受ける森田さん

県立図書館「大切なあなたへ贈る私の一冊」

 県立図書館が募集した「大切なあなたへ贈る私の一冊」の表彰式が2日、宮崎市の同館であり、県北からは高校生の部で五ケ瀬中等教育学校4年の森田玲朱(れいか)さんが大賞を受賞、中学生の部で同校3年の桑原愛結(あゆ)さんが入選した。

 「大切な−」は世代をつなぐ読書活動を推進しようと、「誰にどの本を贈りたいか」の150字作文を募集。3年目の今回は、2876点(小学生888、中学生1352、高校生391、一般245)の応募があり、世代ごとに大賞各2点と入選各3点を決めた。

 森田さんは中学2年生の弟に贈りたい本として、森絵都著「カラフル」(文藝春秋)を選んだ。「反抗期まっただ中の弟に伝えたいメッセージがたくさん詰まっていたから」だという。

 作文には「伝えたいのに伝わらない、伝えようとするほど空回りする思い、家族に対していらいらするばかりで素直になれない、でもいつも支えてくれるのは家族。そこにある愛に気付いてほしいと思っています」とつづった。

 表彰式は大賞受賞者を対象に開かれ、最終審査を担当した第17回若山牧水賞受賞作家の大口玲子さん(宮崎市)は、「いつも支えてくれる家族という視点で書かれているのが印象的だった」などと講評した。

 小説好きという森田さんは「最近は冒険物語をよく読んでいます。本は頭の中に風景が広がり、主人公になって、どきどき、わくわくしながら、できないことが体験できて楽しいです」と話し、「あまり本を読まない弟にも、ぜひ読書好きになってほしい」と期待を込めた。

 桑原さんは「いとこのお兄ちゃん」に贈りたい本として、瀬尾まいこの「そしてバトンは渡された」を推薦。「母が亡くなった後も遊んでくれたり夢を応援してくれたりしたお兄ちゃん。本当の兄みたいに優しくしてもらい、この本に出てくるいろんな親が重なって見え、感謝を伝えたかった」と思いをつづった。

その他の記事/過去の記事
page-top