【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「こころざし」第4期が開講

本紙掲載日:2019-09-28
3面
「こころざし」の4期生

次世代リーダー育成塾−延岡

 延岡市と県工業会県北地区部会が主宰する次世代リーダー育成塾「こころざし」の第4期開講式がこのほど、エンシティホテル延岡であった。製造業、建設業、金融機関などさまざまな業種の18人が入塾。3年間にわたり、毎月の課題読書レポートや定例会、課外活動などに取り組む。

 開塾式には、顧問の読谷山洋司市長や水永正憲塾長、1〜3期生のOBOG、4期生など約60人が出席。読谷山市長は「この出会いを喜び、共に戦い成長する仲間は末永い財産となる。健康に気をつけて全力で頑張ってほしい」と激励した。

 4期生の紹介後、リーダーを務める有村光生さん(35)=有村鋼機商会=があいさつ。「本業×革新×地域×仲間」という活動指針を述べ、「力の限り努力したい」と決意を述べた。

 講話をした水永塾長は、「イノベーションは二律背反を超えるところに生まれる」と指摘。製造業とサービス業、都会と地方か、グローバールとローカルなど、二律背反に見えることを常に吟味し、「これらを超えていくような視点を持ってほしい」と呼び掛けた。

 開塾式後は懇親会。4期生はOBやOG、来賓の人たちに積極的に話しかけ、今後の取り組みのアドバイスをもらうなどして交流を深めていた。

 「こころざし」は、平成20年4月、熱い思いと志を持って地域経済をけん引する次世代リーダーの育成を目的に開塾。これまでに1〜3期生71人が卒塾している。

その他の記事/過去の記事
page-top