【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歴代藩主の遺徳しのぶ

本紙掲載日:2019-09-27
2面
城山の内藤家墓所で開かれた秋の墓参会

内藤家顕彰会が秋の墓参会

 内藤家顕彰会(大崎清会長)の秋の墓参会が25日、延岡市の城山北大手門の脇にある内藤家墓所で開かれ、会員や文化関係者ら約30人が参列、歴代藩主の遺徳をしのんだ。

 墓参会は、最後の延岡藩主内藤政擧公(内藤氏16代)の命日5月23日と、秋の彼岸ごろの年2回行っている。

 同墓所には藩主の墓碑5基、一族の墓碑19基、供養塔21基があり、この日は磐城平内藤藩(福島県いわき市)の初代藩主政長公(内藤氏4代)の墓碑の前に焼香台を設置。三福寺の田村智英住職の読経が響く中、参列者が献香して手を合わせた。

 あいさつに立った大崎会長は「内藤藩の文化は九州屈指であり、能楽や俳句、数学など全国に誇れるレベルにあった。内藤記念館の建設が進んでいるが、歴史や文化を支える団体や人材などの支柱がなければ途絶えてしまう」とし、「影となって支える文化的人材や団体の育成に尽力し、市外の人から『さすが、延岡』と言われるように努めなくてはならない」と呼び掛けた。

 これを受け、同市の澤野幸司教育長は「次世代に歴史や文化の重みを、受け継いでいく環境を整える必要がある。施設や資料を見るだけで終わることなく、裏側にある意味を、どのようにして子どもたちに伝えていくかを考える機会になった」と話し、墓所の美化活動など日ごろの活動に対して感謝を述べた。

 延岡藩内藤家は、1747(延享4)年に内藤氏9代の政樹公が磐城平から転封して始まる。明治維新後、藩知事となっていた政挙公が1871(明治4)年の廃藩置県で職を免じられるまで、8代にわたって延岡を治めた。顕彰会の会員数は延岡約200人、全国約600人。

その他の記事/過去の記事
page-top