【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

堅守で粘るも1点遠く−南

本紙掲載日:2019-09-24
9面
好投した南の井上明
7回、右翼手の前に落ちそうな打球に飛びついてキャッチする南の松本

第42回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会・サイド

 15年ぶりの頂点を目指した南は、本塁が遠く1点に泣いた。神尊佳輝監督は「勝たせてあげられなかった。自分の甘さが出てしまった」と責任を背負った。

 主将の井上明丈が県北筆頭の強力打線を封じ込めた。「制球はいま一つだったが、周りの好守と掛け声が力になって投げやすかった」。毎回ピンチを迎えながらも、決定打は許さず。二塁手松本希愛らバックが大きな声と堅守で支えた。指揮官も「よく投げた」と手放しで褒める好投だった。

 一方、高い得点力で勝ち上がってきた打線は四回まで1安打と苦しんだ。1点を先制された直後の五回は、先頭片伯部光斗の左前打と後藤契の四球などで無死二、三塁をつくるもスクイズ失敗などで生かせず。指揮官は「あのサインが勝敗を分けた」と自身の采配を悔やんだ。

 部員17人のうち2年生はわずかに6人。先発メンバーもほとんどが1年生という若いチームを、井上明、松本、後藤契ら2年生が束ねた。監督は「2年生のためにもと、率先して1年生がムードを盛り上げていた」と一丸となった戦い方を評価。井上は「ベンチでも次のプレーを想定した具体的な声が数多く出ていた」と手応えを感じた。

 準優勝にもナインは満足していない。目指すのはもう一つ上だ。松本は「次は延中を倒して優勝したい」とみんなの思いを代弁した。この悔しさは絶対に忘れない。


◆次は必ず勝ちたい−片伯部光斗(2安打の1年生)

 「準決勝まで調子が悪かったが、工夫してしっかり(バットを)振ったら結果が出た。自分のミスが決勝点につながったのが悔しい。次は必ず勝ちたい」

その他の記事/過去の記事
page-top