【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大貫簡易郵便局、2年半ぶり復活

本紙掲載日:2019-09-14
3面
臼井前局長(左)と握手を交わす山本新局長
9月2日から業務を再開した大貫簡易郵便局
リニューアルされた局内

市職員から転身、局長は山本さん−延岡

◆心のこもったサービスしたい

 2017年3月に惜しまれながら閉局した延岡市大貫町の大貫簡易郵便局が、今月2日から再び業務を開始した。同市南一ケ岡出身の山本康二さん(52)が、新たに日本郵便九州支社から委託契約を結び、局長として再スタートさせた。地域の郵便局の2年半ぶりの復活に地区の人たちは、便利だし、触れ合いの場ができたと喜んでいる。

 山本局長は元延岡市職員で、今年3月まで納税課課長補佐兼係長として勤務した。2年前に同郵便局が閉局したという新聞報道を目にした時から、「自分でできないか」と考えていたという。奥さんを説得した上で、以前からの知り合いで元中川原郵便局長だった岩切隆徳さんを通じて、アドバイスを受け、九州支社が大貫地区に開設する簡易郵便局の局長公募に応募した。

 1回目の公募では内定をもらったが、大貫簡易郵便局のエリアではなかったことや、新しい場所に開設ができないことが分かり、実現に至らず。ところが、2回目の公募で、大貫局の場所にまで対象エリアが広がったことから、現在の建物を引き継ぐことが可能になったという。

 前局長で土地と建物の所有者・臼井正さん(80)に相談したところ、臼井さんも「諦めて取り壊そうとも思っていたが、山本さんなら全面的に任せられる」と快諾した。

 建物は7月から2カ月かけて、内装や水回りをリニューアル。山本さん自身も宮崎中央郵便局や市内の簡易郵便局で研修を受けて業務を学び、今月2日付で新局長としての辞令を受けた。再スタートを切った局は山本局長と補助者の2人で運営。郵便物の扱いや貯金の受け払いなど業務は多岐にわたる。

 2日から業務を開始したが、訪れる人たちからは「しばらく不便だったが、本当にうれしい」と喜びの声が上がっているという。臼井前局長も「以前からのお客さんも私以上に喜んでくれました」と目を細める。

 働き盛りの山本さん。定年がないため、これからも地域のために業務にいそしむ。「至らぬ点もあるかとは思いますが、臼井前局長の地域社会に奉仕するという精神を受け継ぎ取り組みたい。地域の人たちに親しまれ、頼れる存在として、心のこもったサービスを提供できる簡易郵便局づくりに努めたい」と意気込みを話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top