【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市が今秋開設総合相談センター

本紙掲載日:2019-08-01
1面

医療や教育などの2分野−相談員を募集

◆市役所に無償スペース、活用団体も

 今秋、市役所内に「なんでも総合相談センター」を開設する延岡市は、市民の相談解決に向けた検討や関係機関へのつなぎ連絡などを行う相談員を募集する。また、センターには市内団体が情報提供などに無償で使えるスペースも設ける考えで、活用を希望する団体も併せて募っている。受け付けは8月1日から。

 センター設置は、「医療・介護・福祉」と「子育て・教育」の2分野を中心として、市民からの各種相談にワンストップで対応し、相談者に寄り添った切れ目ない支援を行おうと、読谷山洋司市長が市長選の公約に掲げた施策。市は、10月ごろの開設を目指して準備を進めている。

 相談員の募集人員は数人で、社会福祉士、精神保健福祉士、教員といった「医療・福祉・介護」「子育て・教育」に関する何らかの免許・資格を有する人。月曜日から日曜日(午前8時30分〜午後5時15分)のうち5日間勤務で、賃金は日額7500円。勤務日は、応募状況に応じて柔軟に対応できる。

 無償スペースの活用希望団体は、二つの分野の相談対応や情報提供ができる各種団体で、利用日時は毎日(午前9時〜午後4時)。定員はなく、賃金は無償(ボランティア)。勤務日については、こちらも相談員と同じく応募状況に応じて柔軟に対応できるという。

 提出書類は8月30日午後5時15分まで(土日、祝日除く)に、相談員は申込書と履歴書、免許・資格を証明する書類(コピーを履歴書に添付)、活用団体は申込書を市健康長寿のまちづくり課の同センター設置準備室(市役所2階)に持参または郵送(〒882―0813延岡市東本小路2の1、期限当日消印有効)で申し込む。

 相談員は後日、同センター設置準備室の職員が面接する。スペースの活用希望団体は審査を行う。申込書は同課窓口か市ホームページからダウンロードで入手できる。

 問い合わせは同課(電話延岡22・7072)。

その他の記事/過去の記事
page-top