【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

屋上に避難施設−大武タウン完成

本紙掲載日:2019-06-24
3面
延岡市大武町に完成した愛育福祉会の新施設大武タウン
落成式であいさつする高島透理事長

ABの2棟、通所介護事業所など−愛育福祉会

 延岡市の社会福祉法人「愛育福祉会」が建設を進めていた新施設「大武タウン」が完成。21日に落成式があった。屋上に津波避難所を設けた施設で、近隣の区長、工事関係者、同法人の職員ら約50人が出席、完成を喜び合った。

 完成した建物はABの2棟あり、A棟は鉄骨造りの2階建てで延べ床面積は1152平方メートル。1階部分は地域密着型通所介護事業所「いこい」、同2階に共同生活援助「大武荘」が入る。

 屋上部分の道路からの高さは8・71メートル。屋上の面積は約330平方メートルで津波発生時には約330人が避難できるという。

 B棟は木造平屋建てで延べ床面積は171平方メートル。放課後等デイサービス「あのね」が使用する。

 眦臚理事長は、「地域の中心的となるこの地で、強固で温かみのある建物が完成したことに心より感謝申し上げます。利用者さまの気持ちが、癒やされるような空間をつくっていきたい」とあいさつ。

 来賓の読谷山洋司延岡市長は「いずれの事業も必要性が高く、また多くの人の幸せに貢献する待望の施設が、オープンされ、ありがたく思う。総合的に機能を発揮できるこの仕組みが全国のお手本になれば」と話した。

 木原章浩県保健福祉部保健部次長は「利用者が、明るく生き生きと暮らせるように、心温まるサービスの提供に引き続きご尽力を」と河野俊嗣知事の祝辞を代読した。

 念願の施設の完成に眦膵篁楡瀋垢蓮峪童、高齢者、障害のある人が、一堂に会して活躍していく場所となるように、自覚をもって地域のために頑張りたい」と抱負を語った。

その他の記事/過去の記事
page-top