【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

タクシー運賃−協議会、弱者に配慮をの意見

本紙掲載日:2019-06-06
3面
初乗り距離などの意見案を話し合った合同協議会

初乗り、短距離を安くの提案も

 年内にも値上げが見込まれる県内のタクシー運賃について、事業者や利用者でつくる協議会は4日、高齢者などに配慮し、短距離であれば定額以下で乗れるよう、国に提案することを決めた。

 九州運輸局は県内26事業者から申請を受け、運賃改定を審査している。このうち、小型車は現在の初乗りが580円だが24年間改定されず、九州内では最低水準。運賃や加算距離などの申請内容は事業者ごとに異なり、国土交通大臣が地域協議会の意見を聞いた上で、改定内容を公表することになっている。

 一方、運賃が加算されるまでの初乗り距離は現在1500メートルだが、より短い距離にして改定額を下げるよう求める事業者もいるため、宮崎・都城交通圏・延岡市タクシー準特定地域合同協議会で意見を集約した。

 その結果、新たな初乗り運賃・距離が定められても事業所の選択によって、一段階だけ短距離にして定額以下で乗れるようにできる、との提出案を承認。現在の距離制運賃(1500メートル、580円)なら、1149メートル以下は500円で乗れるとの例を示した。

 事業者側は、「運転手の確保も難しく、何とか値上げ分を給料にも反映させて改善したい。初乗り運賃を単純に1割アップすれば他県に並ぶが、高齢者などお客さまの肌感覚も尊重したい」と理解を求めた。

 これに対し、行政側は「コミュニティバスも赤字で、いつまで続けられるか分からない。交通弱者が利用しやすい運賃を」などと要請。利用者側の団体からは「タクシーがなくなると困るし、値上げの理由についてはよく分かった。高齢者の補助などサービスを充実してもらえるとありがたい」などの意見が出た。


その他の記事/過去の記事
page-top