【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材−コサンチク

本紙掲載日:2019-06-04
4面
延岡産のコサンチク

「あく抜き」の手間かからず

 細くて長いタケノコのコサンチクが旬を迎えた。毎年、ワラビやタラの芽が終了するころ登場するが、今年はシーズンが早いとの声もある。春の山菜のトリ、あるいは初夏の先頭打者のような、季節の移り変わりを感じることのできる食材。延岡市内なら北方と南方産が多く、門川町産の物もある。

 ホテイチク(布袋竹)とも呼ばれ、県内では親しまれた食材だが、九州南部以外ではあまり食べられていないという。モウソウチクのタケノコと違ってあくが弱く、あく抜きの必要がないので、ゆでるときは意外と手間がかからない。

 バターしょうゆ焼きを紹介する。用意するものコサンチク2本、バター10グラム、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、木の芽(サンショウの若葉)のみじん切り大さじ2、オリーブオイル小さじ1。

 作り方“蕕鬚爐い織灰汽鵐船を大鍋で20分ほどゆでる△△蘿を冷ましたコサンチクを食べやすい大きさに切るフライパンにオリーブオイルを熱してタケノコに色が付くまで焼くぅ丱拭次△靴腓Δ罅△澆蠅鵑魏辰┐堂个鮖澆瓠▲汽鵐轡腑Δ陵佞鬚△┐燭藉粟。木の芽がなければ粉サンショウでもOK。

その他の記事/過去の記事
page-top