【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

みどりの日を満喫

本紙掲載日:2019-05-06
6面
びしょぬれになってマスを追い回す子どもたち
火おこしに挑戦する子どもたち。なかなか火が付かずに大苦戦
ネイチャーアートのコーナーでは枝で「令和」の文字も

オープンデーに家族連れ−県むかばき青少年自然の家

◆火おこし体験やネイチャーアート

 延岡市行縢町の県むかばき青少年自然の家(宮田靖所長)で4日、恒例の「オープンデー」があり、大勢の家族連れが令和最初の「みどりの日」を満喫した。

 自然の家の施設や行縢山(標高830メートル)の自然を知ってもらおうと開いており、地元の高校生や九州保健福祉大生ら53人がボランティアで協力した。

 初夏を感じさせる日差しの下、訪れた人たちは木の摩擦を利用した古代の火おこしを体験したり、森の落ち葉や木の枝を画材に利用したネイチャーアートを楽しんだりした。

 汗だくになって火切り棒を回した延岡市土々呂町の東悠翔ちゃん(6)は「楽しかったけど疲れた」。書道準六段の腕前という福岡県の小学4年生、深田華乃さんはピンクの台紙に枝で「令和」の文字。「うまくできた」と笑顔を見せていた。

 近くの小川ではマスのつかみ取りもあり、子どもたちがびしょぬれになりながら追い回していた。

その他の記事/過去の記事
page-top