【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最優秀賞に鈴木さん−日向サンパーク

本紙掲載日:2019-05-06
1面
日本ハンギングバスケット協会理事長賞に輝いた鈴木さん

第16回ハンギングバスケット展

 花とみどりの日向サンパーク2019春「第16回ハンギングバスケット展」の表彰式は6日、日向市幸脇の日向サンパーク温泉イベント広場であり、最優秀賞の日本ハンギングバスケット協会理事長賞には、同市財光寺の主婦鈴木美恵子さん(69)が輝いた。花とみどりの日向サンパーク2019春実行委員会、日向サンパーク温泉の共催。

 今年も県北各地を中心とした愛好者68人の労作83点を、4月20日から表彰式当日まで同イベント広場のスロープ壁面に展示。同施設によると、大型連休中には約1万人が鑑賞したという。

 同22日に草花の組み合わせや全体的なボリューム、美しさなどが審査され、最終日の当日は入賞者を表彰した。

 鈴木さんの作品のテーマは「初夏の香り」。ピンク系のペチュニアと、白と黄色が映えるマーガレットの花々に2種類の葉ものを組み合わせ、背景には竹ざるを自ら黒ペンキで塗ってアクセントを付けた。

 もともと花づくりが好きでハンギングバスケット歴は8年。同展へは5回目の出品で、最優秀賞は2016年に続き2回目。「花について、少しは分かるようになってきた今回の方がうれしい。とにかく土いじりが楽しく、開花するまでの過程が好き。自身で楽しむため、今後も趣味として続けていきます」と笑顔で受賞を喜んだ。

 表彰式で同施設社長を務める十屋幸平市長は「日ごろから本市の緑化推進に尽力いただき感謝している。今後も花でまちを彩っていただきたい」、同市全市緑化推進協議会の黒木絹子会長は「受賞は皆さん方が日ごろ積み重ねた努力の結果。日向市が花と緑であふれることを期待しています」とそれぞれ激励した。

 鈴木さん以外の各賞の受賞者は次の通り。

日向市長賞=富高富子▽日向市全市緑化推進協議会会長賞=山部智子▽日向市観光協会会長賞=吉田伸子▽日向地区建設業協会会長賞=宮田康子▽日向サンパーク賞=後藤順子、吉川良子▽お舟出の湯賞(講習会作品)=柄本廣子、吉田しづ子、黒木明美。

その他の記事/過去の記事
page-top