【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

GGNヒストリー(下)30回目、中長距離の祭典

本紙掲載日:2019-05-02
3面
昨年の大会でMVPに輝いた旭化成の大六野秀畝選手。今年のMVPは誰の手に

みんなの思いで大会が成長

◆選手や裏方、ファンのおかげ

 「さまざまな人たちの協力があったからこそ続いてきた」。第1回から関わる旭化成陸上部スタッフは共通の思いを口にする。

 GGNの開催には本当に多くの団体、人が奔走する。延岡市陸上競技協会や旭化成陸上部後援会をはじめ、市、延岡青年会議所、企業や商店、延岡アスリートタウンサポーターズ(NATS)、地元の中高生など。その数は年々増えてきている。

 宗茂さん(66)は「いろんな人の努力で成り立っている。(大会を見たいはずなのに、運営などで)見られない人がたくさんいて、それだからやっていける」と感謝。猛さんは「GGNで走りたいという選手が多いから(大会が継続している)というのもあるが、この大会にはボランティアがたくさんいる。そういう人がいるからこそ表の舞台がある。〃表裏一体〃の大会」と表現する。

 選手のエントリー手続きなど裏方として支えてきたマネジャーの楠光代さん(64)も「最初からこんな大会にしようとしたら無理だった。みんなの協力があったからこそ、ここまで成長できた」と理解する。

 そんなファン、市民らの優しくて熱い心で育ち、大きくなってきた大会は、節目の30回を迎える。宗兄弟は「毎年の大会が、それぞれ印象に残っている」としながらも、旭化成陸上部のホームグラウンドで実施していた時が思い出も深いようだ。

 茂さんは「仮設トイレの設置数の把握から駐車場整理、ゴールした選手の記録測定まで全部自分たちでやっていた」。猛さんも「一番大変だったが、自分たちでつくっていた感覚がある」としみじみ。猛さんは「口蹄(こうてい)疫の影響を考慮し中止した年も記憶に残る」とも付け加えた。

 宗兄弟や楠さんと同じように初回から携わる市陸協S級審判員の河野利弘さん(71)は、西階陸上競技場写真判定機を最初に操作した。「手動だったころに比べて、タイム測定や順位確認などがすごく楽になった。レーヨン競技場の時は辺りが暗くて腰ゼッケンが見にくかったため、西階に移った時に明るくなったなと思ったことを覚えている」と懐かしむ。思い出はさまざまだ。

 平成初期に始まった大会は新時代に突入する。河野さんは「ハード面の整備などもっと市を挙げて盛り上げていってほしい」、楠さんは「市民に親しみのある大会でありながら、グランプリとしての品格を持つ大会に」と希望する。

 茂さんは「『あれがあったから自分の陸上が始まった』と子どもたちが思えるような大会となり、日本を代表する選手がどんどん生まれていってほしい」と願い、猛さんは「第30回は令和になって最初の大会。何かの種目で日本記録が出ればいい。それに期待している」と望んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top