【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

発表、参加し合って交流

本紙掲載日:2019-02-26
7面
英会話体験を楽しむ子どもたち
生け花体験も人気だった
46団体が出展したパネル展

オール日向祭に56団体

 日向市などの市民団体が日ごろの活動を発表する「地域と市民活動フェスタ2019オール日向祭」が24日、同市文化交流センターで行われた。主催は同実行委員会(林七世実行委員長)。

 同フェスタは、日向市男女共同参画社会づくり推進ルーム協議会に登録する市民活動団体を中心に、各地域で活動する団体相互の交流を深めようと毎年開催しており8回目。

 今回は、市、市議会、各地域のまちづくり協議会、日向民主商工会婦人部、高校など56団体や個人が参加。門川、富島、日向、日向工業高校の高校生ボランティアらが運営を支えた。

 大ホールでは、46の活動団体パネル展や昔のおもちゃ作り、生け花体験、バルーンアートなど多彩なイベントが盛りだくさん。スタンプラリーは1時間弱で終了するほど盛況だった。

 交流広場では子どもの落語や富島高校芸能部の演奏、小ホールでも、虹の会と門川高校生徒による読み聞かせ、まちなかハロウィン実行委員会による活動発表などがあった。

 会場には親子連れら600人以上が訪れ、いくつものコーナーを巡りながら楽しく遊んでいた。振る舞い料理も人気があり、お楽しみ抽選会も盛り上がった。

 同協議会の中里光男事務局長は「子どもたちが楽しんでくれることはもちろん、団体間の交流も図れてうれしい。今後も広がりを大切に、より良い祭りにしていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top