【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

祖母・傾・大崩−ユネスコエコパークシンポジウム(中)

本紙掲載日:2019-02-19
6面

次世代継承の課題

◆ガイド、狩猟者不足−中原さん
 地域の過疎・高齢化−西さん
 自然体験活動の減少−宮田さん

【岩本さん】
どういう活動をしていますか。どんな課題がありますか。

【中原さん】
大崩山は登るたびに発見があります。何度登っても飽きない山です。延岡はアウトドア環境に恵まれ、登山だけではもったいない地域です。NPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベスタ)でガイドしながら、比叡山でのクライミング、夏は祝子川の沢登りや北川支流・小川でカヌーを楽しんでいます。
課題はガイド不足です。週末でも手伝ってほしいのですが、人がいません。登山の予約を断るケースもあります。昨年の台風で登山道が崩れましたが、地元で一緒に整備してくれる人がおらず、インターネットで呼び掛けて常連さんが手伝ってくれました。もっと地元で関わってくれる人が増えてくれたらと思います。
冬は狩猟をしています。狩猟者は減る一方です。温泉の周りは鹿だらけで農家や林家はたまらないと思います。狩猟圧を高め、鹿を山に追い払わないと山村での暮らしが成り立たないと思います。
遭難者の捜索態勢の問題もあります。山岳救助隊はなく、消防も警察も山に詳しくはありません。ユネスコエコパークに登録され、登山者が増える分だけ対策を取らなければ死亡事故につながります。態勢を整えることが課題だと思います。

【西さん】
上鹿川にも鹿の食害はあります。平成26年度から北部森林管理署と協定を結んで天然杉の周囲に鹿よけネットを張り、天然更新の手伝いをしています。ネットを張った場所と張らない場所の違いを調査していますが、ここ3、4年で天然杉の幼木が30センチほど成長しています。少し手を入れるだけで次の世代の天然杉が育っている状況が認められています。
森林整備、林業体験や環境学習キャンプ、地域の木材を使ってライヤーという楽器を作るワークショップも続けています。イタヤカエデの木から樹液を集め、昨年、商品として販売することができました。古道を再生し、西郷隆盛が通った道を歩くツアーやトレイルランの大会も行っています。今、フォレスト・マントル上鹿川の人たちが新たな天然杉を調査し、そこまでのルートをつくろうと頑張っています。
地域住民にエコパークの話をしても反応は薄いようです。エコパークでやろうとしていることは地域にとって当たり前のことだからです。登録後から確実に来訪者は増えていますが、地域での対応やエコパークの活用はまだまだ遅れているのが現状です。
過疎・高齢化が進む中、地域住民、行政との役割を分担し、情報を共有しながら連携して活動する必要があると思います。

【宮田さん】
受け入れ事業は学校関係の利用が多く、登山のサポートが大きな活動です。今年度は、昨年12月末までに小中学校や高校、大学で計60校、滝までのトレッキングも10校あり、幼稚園、保育園の子どもたちも滝トレを体験しました。
登山の際は、自然の中にお邪魔する気持ちで活動するよう呼び掛けています。自然保護だけでなく、人と自然との関わりの中で何が大切か、なぜ大切にするか、そこまで子どもたちが考えてくれるといいなと思います。今の子どもたちには自然体験の活動機会が少ないと感じます。飯ごう炊さんでマッチを擦れず、火を付けることができないこともあります。自然の中でいろいろ体験し、経験値を上げる機会が少ないようです。小学5年生の宿泊体験は、以前は2泊3日でしたが今は1泊2日が中心です。
また、エコパークについての話もしますが、子どもたちに周知していく難しさもあります。今後考えていきたいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top