【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

両側に歩道、安全確保

本紙掲載日:2019-01-21
1面
歩道整備工事が進む延岡市の市道薬品工場南通線。今年度中の完成を目指す

別府町―共栄町、市道薬品工場南通線

◆幅員12メートルに−年度内完成へ

 延岡市は、同市別府町と共栄町の境の市道薬品工場南通線の一部区間で、歩道整備工事を進めている。同路線は交通量の多さに加えて車道のすぐ脇に住宅が迫り、歩行者や自転車に危険が及ぶことから、安全対策として両側に歩道を設けた幅員12メートルの道路に整備する。年度内の完成を目指す。総事業費は約8950万円。

 市道薬品工場南通線は、別府町のJR向洋踏切と愛宕町の市道中川原―愛宕線(旭興自動車学校東側交差点)を結ぶ全長725・1メートル。このうち同踏切から旭化成専用線4号踏切の東側(薬品グラウンド東南角)までの183・6メートルで歩道改修工事が行われている。

 工事区間の市道は、3メートル2車線(路肩含む)の全幅員6メートルで、道路南側に路面から約1メートル高の段差のある歩道が設けられている。整備後は、3・5メートル2車線(路肩含む)とその両外側に2・5メートルの歩道を設け、全幅員12メートルにする計画。

 現在、車道南側の段差のある歩道のさらに南側に仮歩道を設置した上で、歩道の段差部分を車道の高さまで切り下げて路面を拡幅。住宅が迫る道路北側に沿って、歩道を設置する工事をしている。完成後は南側歩道、車道と整備を進める。

 同区間は北側に住宅地があり、建物のすぐ脇を市道が通る形状。段差のある南側歩道への横断歩道は踏切付近にしかないため、北側を通行する歩行者や自転車への危険、住宅地の路地から市道に合流する際の見通しの悪さなどが指摘されていた。

 加えて、市内中心部と国道10号を結ぶ同市道は多くの一般車が通行するほか、付近に旭化成の工場もあるため物流の大型車なども通行。また、向洋踏切はJR南延岡駅に近く、列車通過時に周辺道路が混雑するなど、危険度が増すことから整備が望まれていた。

 市は、沿線住民や通勤・通学者の安全性向上のため、平成27年度から道路測量・設計に着手。用地買収などの手続きを終え、昨年9月末から着工している。

その他の記事/過去の記事
page-top