【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

インスタ映えSNSで拡散

本紙掲載日:2019-01-15
2面
日本航空の伊藤洋一宮崎支店長

商店街に客を−伊藤日航宮崎支店長

◆パックン岩は最高−モニュメントを

 「既存の観光資源プラスアルファ。〃インスタ映え〃するものを作りませんか」。少しひねった観光の在り方、日常からの観光発信を呼び掛けるのは日本航空(JAL)の伊藤洋一宮崎支店長(51)。3年ほど前に宮崎支店に赴任してきたが、仕事上の関わりだけでなく、個人としても「大好きな宮崎を活性化したい」と自身のアイデア、持論を展開した。

 伊藤支店長のアイデアは「おもしろフォトスポット構想」。観光客に来てもらうためには、「シンボルとなる大きなモニュメントを考える」。また、「地域を周遊してもらうためには、複数の〃おしゃ壁〃(フォトスポット)などをつくってはどうか」という提案だ。

 例えば、シンガポールのマーライオン。「とても〃べた〃ではあるけど、シンガポールに行った人は、必ずそこで写真を撮ります」。実際に延岡に何か大きな面白いものがあれば、「写真を撮りたくなるのでは」「写真を撮って遊ぶ、遊べるのがいわゆる『インスタ映え』です」。

 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)について「観光宣伝にお金をかける時代ではない」とも。何か面白い仕掛けさえあれば、今は一般の人が撮影して、インスタなどで拡散する。それが評判になれば、広告宣伝費をかけなくても、注目を集め、知らないうちに評判になって観光客がやって来ると強調する。

 外国人を含めた多くの人にSNSで情報を拡散できれば、一過性でなくなってしまえば手はほとんど掛からないことなど、SNSの世界についてメリットを列挙した。

 さらに、「今あるものでも見方を変えれば面白い写真が撮れるかもしれない」「例えば、延岡の煙突をここで撮るとこう撮れるという写真をうまく拡散すると面白い。面白ければそこが観光地、人が集まるスポットになる。それはいろんなところにあり、うまくいくと人は周遊し始める」と既存資源の活用と新しい視点の大切さもアピールした。

 「宮崎にはいいところがいっぱいある。きっかけがあればもっと気づいてもらえる」「シンボルがあれば写真を撮りたいと街に来る。来たらそういった所を周遊して商店街を周るような仕掛けをするといい」

 「イメージとして延岡駅にでっかい何かがある。写真を撮りたい人が来て、『商店街にもいろいろ写真を撮るところがある』といったら、駅に来てその後に周遊する。シンボルモニュメントは、一つのきっかけの材料」

 商店街の活性化についても「商店街が面白ければそれ自体がコンテンツになる。盛り上がれば観光の素材になる」。「写真をアップしたら、例えば商店街でアイスクリームをもらえたりすると集客につながるのでは。地元に金が落ちるよう工夫すべき」

 「頑張った商店、商店街、宣伝してくれたところにお金が落ちる。地元の頑張った人にお金が落ちるのがいいんじゃないか。だから皆である程度コンセプトをつくったほうがいいと思う」

 特に延岡では北方町の鉾岳にあるパックン岩などが面白いと強調する。「これを見た時にこれは素晴らしいと感じた。これは財産。延岡駅前などにモニュメントを作り、この岩を撮りに来たついでに商店街へと来てもらう。山に登ってすぐ帰るんじゃなくて、街に寄ってもらう材料にできる」と思う。

その他の記事/過去の記事
page-top