【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

虹の会が絵手紙作品展

本紙掲載日:2019-01-10
7面
絵手紙の作品展を開いている「虹の会」の皆さん

2月末まで延岡信金北支店

◆「戦後の生活を子どもと話す機会に」

 延岡市柚の木田町の高齢者クラブ寿会(木場富次会長)の絵手紙教室「虹の会」(12人)の作品展が2月末まで、同町の延岡信用金庫北支店(赤木基志支店長)で開かれている。土日、祝日を除く午前9時から午後4時まで、鑑賞無料。

 昨年1年間の作品の中から会員がそれぞれ厳選した56点を展示。植物や人、物を描き、その横に「散るもいじらし初恋の花」「感謝して頂くように娘や孫に伝えたい」など言葉を添えている。色とりどりで優しい雰囲気の絵手紙が多く、さんさんクラブ宮崎作品展示会出展入賞作もある。

 「語り継ぎたい今の世代に」「思い出の小さな記憶」「二度と来ないこんな時代」というテーマの下、戦時中の生活や昔懐かしい遊び道具などを絵で振り返るコーナーもある。

 また、拾った流木、ドングリ、葉っぱなどを組み合わせて島のように仕上げた立体作品や会員が撮影した写真も15点展示している。

 木場会長は「戦後の思いを絵にした作品が多いので、子どもに当時のことを話す機会になればと思う。ぜひ見に来てください」と呼び掛け、虹の会班長の鴨林栄子さん(78)は「会のみんなで協力して作っているから最高です。こうやって展示していただけることが唯一の喜び」と話していた。

 同会は「下手でいい、下手がいい」をモットーに、手作りのぬくもりを伝えられるような描き方に挑戦している。絵手紙を通じて素直な優しい気持ちを育み、さまざまな楽しいことを生み出すことを目的に活動しているという。会員を随時募集している。

その他の記事/過去の記事
page-top